| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#193 冷やしうどんごぼ天のせ

ゴボ天冷やしうどん


朝、出勤すると、入り口のとこに男の人がいて、近づいてきてこういった。

「すいません、わたしの首筋になにかついてませんか」

よく見るとその首筋に、3センチくらいのまだ小さなカマキリが乗っていて、カマをふりかざしている。

そっと手をのばして、つまんで植え込みに放してやった。

扉のところにいたので、誰かに潰されないかと、逃がしてやろうとしたら、腕をつたって、首の後ろに回り込まれたらしい。

やさしい気持ちが伝わらず、怒ったカマキリの赤ちゃんに首筋でカマを振り上げられたまま立ち往生していたのだ。朝からカマキリと大立ち回りである。

その日の夕方、ちょっと外に出た。用事を済まして、建物に入りエレベーターに乗ったら、今度はワタクシの首筋がむずむずする。

手で払い落としたら、落ちたカナブンが、床でぶんぶん羽音をたてて暴れはじめた。

朝といい、夕方といい、今日は昆虫に人間の首筋を狙われる日らしい。

梅雨もおわり、本格的な夏の到来ということか ... 。



*写真は、冷やしうどんにごぼ天のせ。このあいだごぼうをもらったときに、職場のT沢さんが、「ごぼうなら、ごぼ天が好き」っといったのが、記憶の片隅にあり、そんならワタクシも、っとごぼうの残りを天ぷらにしてみた。ごぼ天も捨てがたし!うどんはカトキチの「冷凍讃岐うどん国内小麦使用」を使用。
スポンサーサイト

| てんぷらの仲間♪ | 02:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#140 たらの芽の天ぷら

たらの芽のてんぷら


飲みにでかけた。
いろんなことが一段落して、とりあえず飲みましょうかということになり、居酒屋へ。

佇まいといい、雰囲気といい、料理もなかなかよい居酒屋なのである。

その名を「れんこん」といい、場所は、JR南熊本駅のすぐ近くである (いま、熊本以外の方が、それどこだよっと突っ込んでおられることと思うが、ここは軽めにスルーしていただきたい)。

たらの芽、ふきのとうの天ぷらを食べる。ふきのとうは香りが強く、たらの芽は、ほろりとした苦みがなんともいい。

タケノコは、テーブルで炭火で焼いて、醤油ダレを刷毛で塗り、削り節と一味とうがらしを載せていただく。

くーっ、これも春の味。

クリーミーな泡がのった生ビールをぐーっとあけて、春の味に酔いしれたのでございます。シアワセのカタチ、そのものでございますなあ。

写真は、このあいだの週末に揚げた「たらの芽」と「そら豆」の天ぷらである。

| てんぷらの仲間♪ | 22:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#131 完熟アボガドの天ぷら

PS版アボガドてんぷら


八分音符ちゃんちゃかちゃかちゃかちゃんちゃんちゃん、ちゃかちゃかちゃんちゃんちゃん。

アナウンサー「みなさん、こんにちは。今日の料理の時間です。今日は、アタマのヤケドも癒えた負留我(マケルガ)カチ代先生に来ていただきましたので(カチ代先生の前回のハナシはこちら)、早春を味わうと題してお送り致します。先生こんにちは」

カチ代「はい、ごぶさたざます」

アナ「きょうもよろしくお願い致します。きょうはなにを教えていただけますか」

カチ代「今日はフグの白子の天ぷらざます」

アナ「えっ~、フグの白子ですか。聞いてませんよ、そんな~」

カチ代「といいたいところですが…、フグの白子は材料費がかかるざます。多くの方はセレブとは無縁の生活をなさってます。その上、そんなハイカロリーなものばっかり食べていると、痛風になるざます。そこで、きょうはフグの天ぷらにみたてて、完熟アボガドを揚げるざます」

アナ「なるほど、ところでフグの白子の天ぷらはアボガドの天ぷらと味が似ているんですか?」

カチ代「ポイントをついたいい質問ざます」

アナ「似ていると…」

カチ代「知らないざます。そんな気がするだけざます。あたくし白子の天ぷらなど食べたことはございませんざます」

アナ「はあ…」

カチ代「あたくし、卵アレルギーなもので、卵をつかわないざます。オトコは黙ってビール揚げ、ざます」

アナ「カチ代先生は男だったんですか?」

カチ代「ポイントをついたいい質問ざます。ときどき、オトコ以上にオトコらしいといわれるざます。能書きはそれくらいにして、まずバドワイザーのプルトップをプシュといわせて、ビールをひとくちぐいっと一口飲むざます。料理の前には気持ちをもりあげないといけないざます。ボールにビールを適当量どぼどぼとあけるざます」

アナ「適当量?」

カチ代「あとから薄力粉を調製すればいいので、もったいないと思うなら、控えめに、太っ腹なかたは、えーいもってけ泥棒って感じでそそぎます」

アナ「では薄力粉をいれます」

カチ代「そうそう、そして箸で、かるくまぜて箸の先のしずくが1, 2, 3,三つ数えてポタリと落ちるくらいの衣にしたら、アボガドにからめて、揚げ油で揚げるざます」

アナ「天ぷらは、脱水反応であるというのが、カチ代先生の教えでしたね」

カチ代「そうざます。比較的低温の油で水を飛ばすってことです。からっと揚げるにはその心掛けが大切ざます。よく箸でひっくり返して水を飛ばします ... ざます」

アナ「きれいに揚がりました。じゃさっそくお皿にもりつけてっと」

カチ代「塩にレモンで食べてみるざます」

アナ「おお、おいしいです。フグの白子の天ぷらって、こんな味なんですかねえ」

カチ代「いけません、そんなふうに思っては。これはフグの白子です。今は、アボガドであることを頭のなかから消し去っておしまいなさい。ああ、フグの白子っておいしい、そう心底おもってうっとりしないといけないざます」

アナ「そ、そうですか、これはフグの白子だ、白子っておいしい、ああ、してきました。先生、フグの白子のような気がしてきました」

カチ代「フグの白子の天ぷらはおいしいに決まっているざます」

アナ「でもフグの白子ってちょっとアボガドに似てますよね」

カチ代「そうそう、その調子です。フグの白子の天ぷらは、ちょっとだけアボガドの天ぷらに似ているんざます」

アナ「ありがとうございました。今日は負留我カチ代先生に白子の天ぷらを教えていただきました。今日はこの辺で失礼致します」

八分音符ちゃんちゃかちゃかちゃかちゃんちゃんちゃん、ちゃかちゃかちゃんちゃんちゃん。

| てんぷらの仲間♪ | 20:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#125 白えびのかき揚げ

白エビのかき揚げ


残った白えびを引き続きかき揚げにした。

発泡酒に薄力粉を溶いたところに、玉ねぎの薄切り、ニンジンをピーラーで薄く削いで加え、油で揚げる。高温の油で揚げたものは健康によろしくないという理由であまりつくることはなかったのだが、ここ最近、どうしたことか食欲の甘いささやきに負けて肥満への道をまい進中である。

かき揚げには桜えびがよく似合う。かき揚げに赤く色づいた桜えびは美しい。サクっと、歯ごたえがいいなあ。まあ、白えびでもよかろう。

だが白えびは少々大きすぎた。揚げているときから、ごつごつしていてちょっといやな予感がよぎる。

わーい、揚げたてができたぞお。大根おろしをたっぷりめにいれた天つゆに浸して、食べる。サクっとはいかずに、どちらかというと「バリバリ」、「メリメリ」っというような感じで食べ進む。

うむ、うむ、なかなかうま ... うっ、口の中に鋭い痛みが走る。

もっとよく時間をかけて揚げればよかったのだが、急いだために白えびの口吻や触覚はまだ硬かった。歯茎に白えびの口吻の破片やら足がささり、痛いの何の。

今日の教訓は次のとおり、
「白えびのかき揚げは、カリカリに揚げるべし」

| てんぷらの仲間♪ | 02:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#124 白えびのビール揚げ

白エビ揚げ


いきつけのスーパーに、近海で捕れた白えびがならんでいた。
曲がった腰を無理やり伸ばすと6,7センチになる小型のエビだ。東京に住んでいたときはあまりお目にかかる機会がなかった。

じつはこのエビ、エビ目・クルマエビ科に分類されるエビの一種で西日本沿岸に分布する。クルマビかあ ... .。クルマエビ科というだけで、自分の中でポイントが上がる。

今日は、購入した白えびのビール揚げをつくる。ビールに薄力粉を溶いて衣をつくり、洗ってよく水を切ったエビにつけて揚げる。じつはビール揚げとはいってはみたものの、ビールではなく発泡酒である。

残りの発泡酒をぐいっとやりつつ、揚げたてに塩を軽くふり、レモンを絞って食べてみる。うーん、エビの香りがひろがり、しばし幸福感に満たされる。

富山湾沿岸で漁獲される有名な「シロエビ」は、このエビとは違うものらしい。オキエビ科の一種で和名は「シラエビ」という。クルマエビ科ではないのである。

ほかの地方でも「シラエビ」「シロエビ」とよばれるものがあるが、場所によっては、ヨシエビやスジエビなどをよぶこともあるらしい。ということは、白えびを名乗っていはいるが、このエビも正統「シロエビ」じゃないかもしれない。

シロエビの世界は、かくも複雑で奥が深いのである。


| てんぷらの仲間♪ | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。