| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#147 ストロベリーアイスクリーム苺キウイバルサミコ

アイスバルサミコ


子供の頃、アイスクリームは、ひとりひとつ、小さなカップに入っているものだった。

10年位前に、米国でくらしていたとき、知り合いのアメリカ人が、500 ml のハーゲンダッツアイスクリームの容器を手に持って、直接ぱくぱくアイスクリームを平らげていたのを目撃したことがある。軽いショックをうけた。

なんてこった。そんなのありかよ。

ケンタッキー州出身のその女性は、大柄で、ちょっとウエイトオーバー気味だったので、まるで普通サイズの日本によくあるアイスクリームカップをもっているような印象であった。

デカイ容器から直接食べてもいいのだ。っていうか、だから太るんじゃん。

お行儀のいい(?)ワタクシにはこの発想がまるでなかった。デカイ容器から、好きなだけアイスクリームを食べる。腹を壊そうが、腹痛に襲われようが、アメリカ人は自分の欲望に正直だ。胃腸も丈夫なんだろう。

しかしなんといってもうまいものを少量、あ、もう少したべたいな、っという微妙なところで踏みとどまるのが、うまいものをさらにおいしくするコツだと思う。

今日は、アイスクリームにバルサミコで和えたイチゴとキウイを添えた。うまい。アイスクリームの甘さ、フルーツの酸味、バルサミコの旨みが渾然一体となって、新しい味が生まれる。ああ、もう少し食べたい。

うう ...、でも、こ、ここでやめとくのがいいんだな。この後を引くカンジ、この余韻。アメリカ人にはこの侘(わび)、寂(さび)に通じる奥ゆかしいまでの食に対する美意識が、終生わかるまい!米国敗れたり!

ま、勝ち負けの問題じゃないんですけど ...。

*しばらくぶりに500 ml の容器に入ったアイスクリームを買った。バニラだと思ったらストロベリーアイスクリームだった。どうなんでしょう、ストロベリーアイスクリームにイチゴをトッピングするって ...、馬から落馬するみたいな ... 。

スポンサーサイト

| デザートデザート♪ | 20:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#112 ホットケーキくろみつがけ

ホットケーキ

母親から突如、くじら餅が送られてきた。

父親が青森に行ったことを聞いていたので、お、あのくじら餅か、っと一瞬色めきたったが(好物である)、さにあらず。山形の温泉に世話になったかたを招待し、いっしょにいってきたときの山形のお土産をわざわざ送ってくれたものとわかる。

好物のくじら餅は、青森の浅虫という陸奥湾に面した小さな温泉街の名物である。浅虫のくじら餅は、「久慈良」餅と書く。米粉を、こし餡・砂糖と合わせて蒸し上げたお菓子で、ところどころに胡桃が入っている、これがうまい。ういろうよりもっちりした歯ごたえで甘さは控えめである(ここが大事)。「いく久しく慈しまれる良い餅」という願いが込められて「久慈良餅」と名付けられたという。

それに対して山形の最上地方のくじら餅は、「久しく持ち良い餅」と書いて、「久持良餅」。保存食として食べられていたとある。餅粉にクルミを入れ砂糖やみそ・醤油で味付けしてあるが、今回もらったのはみそ味である。くじら餅とは書いておらず、くぢら餅と表記してある。

なぜあちこちにくじら餅があるのか、気になって調べるとなんともともとは京都にあったのだという。というかそちらがオリジナルなのである。くじら餅はもともと京から北前船で日本海沿いの港に伝わったもので、浅虫のくじら餅も、鯵ヶ沢という青森県の港町から伝わったらしい。鯵ヶ沢のものは鯨餅と表記するという。

斉藤博之氏によると、江戸時代に書かれた「古今名物御前菓子秘伝抄」には、京都の代表的な菓子のレシピが載っており、作り方は多少違うが「鯨餅」と記載されているという。ところが、京都ではもはや食べられることはなくなり、地方に伝わって生き延びたのだ。

なるほど、なるほど。
さっそく食べてみる。ちょっと堅くなっているが、そのまま食べてもうまいが、ちょっと炙ると香ばしくいっそうおいしくなる。浅虫のくじら餅とは食感がちがうが、なかなかいいカンジである。

写真はくぢら餅と一緒に入っていた生協のホットケーキミックス(国内麦使用)を使って焼いたホットケーキである。なぜこのようなものが一緒に送られてきたのか訊いていないが(おそらく、その辺にあったからと答えが返ってくるはず ...)、とりあえず何年ぶりかのホットケーキである。卵は入れず、牛乳の代わりに豆乳をつかった。久しぶりのなつかしい味なのである。

| デザートデザート♪ | 00:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。