| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#96 ベトナム風じゃない生春巻き

生春巻き

今日は、ベトナム風ではない生春巻きである。なにしろ香菜が売り切れで手に入らず、春巻きのタレも自己流である。味噌、みりん、コチュジャン、豆板醤、レモン汁などを調合の末に作った練り味噌タイプのタレを漬けて食べる(いろいろ調合している間に比率とかわからなくなり、もう2度と同じものはつくれない)。今日は霊界話なので料理の味については多くを語るまい。うまかった!とだけ述べておこう。

長いこと霊界ウオッチャーをしてきた。中学、高校生のころからだ。べつに霊感があるわけではない。しかし、霊界からの報告といわれるもの、いわゆる臨死体験などの本は、逐一チェックしてきた。なぜそういう類の本が好きなのか、まったく理由はわからない。ただ子供の頃からこの世のありようが納得いかず、もう少し別な視点からの理解があるように思ってきたし、死後なにもないことのほうが理屈に合わないことだと若いときからおもってきた。

30年前は、そういう類の情報を知ろうにも、あやしい本しか手に入らなかった。レイモンドムーディ「かいま見た死後の世界」、エリザベスキューブラーロスの「死ぬ瞬間」シリーズ(これは邦題がよくない)が出て、死後の生についての理解が一部に広まった。おもしろいことに医学が進歩し、蘇生術が格段にすすんだおかげで、臨死者の見た世界に共通の因子が浮き彫りになってきたのだ。

その後の展開を早口で、述べるとこうなる。そのうちに臨死体験、つまりあちら側の実態を、自ら報告にまとめる臨死体験者が現れ、あるいは亡くなったひとから情報を受け取るひとたちの報告が相次ぎ、催眠療法で転生を繰り返すしくみやらこの世に生きる意味をむこう側にいる知性体から諭されたと主張する精神科医が現れた。

そうこうしているうちに死者を呼び出して、コンタクトを取る方法が開発され、うわっ、こ、これは大変なことになったと思っているうちに、あちらの世界に実際に自分の意識を飛ばして、むこうの世界を探索する研究施設ができて、あの世とこの世の構造やら成り立ち、われわれはこの世に生きている意味、理(ことわり)についての報告が相次いでいるというのが現在起きていることである。

まさにこの分野の進歩に関して言えば、ここ20年は激動の時代であったといえる。ま、残念なのは、こうした動きがいまひとつ世の中の動きと連動していないことである。なにしろ客観性、再現性にものすごく欠ける分野なんである。科学は物質を基盤としているので、そこそこ万人向きである。だがこの分野は、巷の怪しい霊媒師にはじまり、臨死の研究者、宗教者、終末期医療従事者、チャネラー、ヒーラー、江原啓之まで多彩な切り口があるので、なにが真実なのか(あるとすればですが … )なかなか判断できないというのも事実なのである。

ベルリンの壁が崩れることなど、崩れる前は想像もできなかったが、崩れるときはソ連崩壊とともに一瞬だった。人々の意識もなにかが始まると意外に変化するは速いのではないかと、思っていたのだ。もう少し、人々の意識が変るのには時間がかかるのではないかと思い、ワタクシものんびりかまえていたのである。

ところが最近、坂本政道という元ソニーの技術者だったひとが、死後の世界を調査していて、むこうの世界を仕切っている存在から情報をもらってきた(こんなふうに言われても困る人もいるでしょうが、我慢して読んでくださいね)。2005年から霊界のワク組みが、大きく変化している。そしてあの世の大変動は、この世にも影響を及ぼさずには済まないだろう、といい始めているのである。ここ4年くらいで人間の意識が大きく変わり始めようとしているというのである。それに伴って、天変地異を含め、いろんな現象が起き始めるだろうともいうのだ。

もう4年しかない。ずいぶん押しているのである。
スポンサーサイト

| アジアンテイスト♪ | 00:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。