2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#88 小魚のピクルス

RIMG0416.jpg

このあいだの日曜日、アジ釣りに行った。
天草五橋とは、熊本県宇土半島先端の三角から、天草諸島の大矢野島、永浦島、池島、前島を経て天草上島までを結ぶ5つの橋の総称である。そして天草下島の西端にあるのが牛深市である。今回は天草の島々を結ぶ、五つの橋を渡って、牛深まで釣りに行った。

これは以前にも書いた。あのときも暑かった。今回も真夏、しかも晴天である。防波堤は太陽に焼かれて猛烈に暑い。釣り場に着いたのは午後3時過ぎだ。防波堤の上を歩くだけでもじりじりと焼けるようだ。タイ焼きくんが毎日鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃう気持ちがよくわかる(古い歌ですいません)。

防波堤の突端までようやくたどりつく。はやる気持ちをおさえつつ、仕掛けを夏の海に放り込み、じっとウキを見る。じっとしていても汗が吹き出る。湿った潮風がときおり吹く。そのときだけ首筋を焼く陽射しを忘れることができる。

4時間も釣っていると陽射しも傾き、東の空にあった入道雲が夕日で美しくオレンジに染まる。あれだけ強烈だった陽射しもようやく弱くなり、やがてあたりが暗くなり納竿。帰り道、温泉に浸かって、しばし休憩。家に帰り着いたのは、夜10時すぎである。

そろそろ大きなアジが釣れるのではないか、そんな期待ででかけた。
ま、結論だけいうと大きいものでも 25 cmぐらいであった。なかなか大きなもの釣るのはむつかしい。でもアジは小さくてもおいしいから、文句は言えない。大小取り混ぜて30尾をクーラーに入れて持ち帰る。

いつもは南蛮漬けが定番である。おいしくて日持ちがする。だが、釣りから帰って、今回はくたくたである。深夜に揚げ物はさすがに億劫である。どこかで紹介されていた丸元淑生の「小魚のピクルス」をつくってみる。

まず、アジの頭を落とし、内蔵部分に斜めに包丁を入れ、一気に除いてしまう。多少身もいっしょに失われるが、こういうときは手早さが大事である。アジを洗い、塩を入れた熱湯に2,3分くぐらす。さましたら、素手で皮をはぎ、骨を除いて丁寧にアジの身をボールに集める。皮は簡単にはがれるので、骨から身をはずすのは、簡単である。

そこに、自然塩、おろしニンニク少々、クミンスプーン一杯、レモン汁を絞り、パセリのみじん切りを加え、オリーブオイルをかけまわしてできあがりである。クミンとニンニクが利いている。眠いのでパセリのみじん切りが、相当いい加減である。

味見をする。
「うみゃー!!」
こいつは、ビールと絶対あうと確信。そしてその確信は、30秒後に証明されたのであった。
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#87 そらまめと鶏ささみの炒め物

そらまめと鶏ささみの炒め物

土曜日、大学時代の先輩のお宅におじゃました。
その同じマンションには、そのワタクシの先輩(女性)をはじめワタクシの後輩夫婦、「焦がし」隊長の大学時代からの友人御夫婦などが住んでいる。その先輩のお母さんやら姪御さんやら、先輩の会社の方など、最初は面識がなかったもののまあまあ一杯飲んで飲んでというかんじで、何回か参加するうちにいろんな方ともお知り合いになり、調子に乗って飲み食いし、毎回「うっ、く、くるしい、飲みすぎで、食べ過ぎっ!」という感じになってお開き、という食いしん坊、飲んぺぇには堪えられない宴会がもようされるのである。

今回のメインイベントは、北海道で水産会社経営されている先輩の知り合いのフジモトクン(ワタクシはまったく面識がありませんが)からタラバガニとホタテ、トキシラズを送ってもらい、これを炭火で焼いて食すという海鮮ショーだった。ワタクシもトイレットペーパーの芯の直径ほどもあるタラバガニの足を焼いていただき、びっしり詰まっているカニの身を口いっぱいほおばって、そのまま昇天するところであった(咽に詰まりやすい体質なもので)。幸い、冷えたビールがそばにあったので、一命を取りとめたのである。またビールと焼きガニがあうんですなあ、今度はあまりのうまさに意識が遠のく。

先輩の「最初は毛ガニが来る予定だったのよ、でもタラバガニがきちゃった。タラバガニは、カニの仲間じゃなくてヤドカリの仲間だって知ってた?」などというハナシを訊きながら、飲みすぎで酔いがまわり、再び意識が若干遠のく。だが、ホタテを焼いてもらい、その大きさにびっくりして正気にもどる。スゴイ、そのへんのスーパーではみられないほど、デカくむっちりして肉厚なのである。その厚さたるやいわゆる越後屋が、悪代官に袖の下をわたすときの小判の包み(切り餅と呼ぶらしい)ほどもあった(って、どんだけじゃ)。

そういうわけで、S原さん、北海道のフジモトクン、 ありがとうございました。そして宴会参加のみなさま、ごちそうさまでした。料理はどれもこれもおいしゅうございました。

写真は、宴会とはまったく関係がない今晩のおかずである。

| 未分類 | 00:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#86 ハーブとスモークサーモンの焼きナスはさみ

ハーブスモークサーモン焼きナスはさみ

焦がし風味の料理が得意の隊長は、先日popokiさんと植木市で買ってきたバジルと大葉に毎朝の挨拶と水を欠かさず、脅したりせずに優しく接していたらしい。その努力が実って、ベランダのバジルと大葉を植えた鉢には、勢いよく伸びた茎と豊かな葉が生い茂っている。今日はこのバジルをつかってなにか作ろう。最近は宴会がぽつぽつとあって、なんだか演出の効いた料理が多くなった(アップはしていませんが)。健康オタクにあるまじきメニューになりがちであった。

今日はシンプルな野菜料理をつくろう。とはいっても総武線沿線H井駅近くのスーパー中村屋でスモークサーモン244円のパックをさりげなく買っておく。ナスを薄くスライスし、塩水にちょっとのあいだ浸し、水気をふき取ってオリーブオイルをひいたフライパンで焼き目をつける。焼けたら、お皿に二つに折って冷ます。

そこにバジルとスモークサーモンを挟む。全体に軽く自然塩を振り、オリーブオイルをかけ回し、黒胡椒を振って出来上がりである。レモンを絞っていただく。うーむ、あまりに簡単であの「山本リンダ」でなくとも困っちゃう(ギャグが昭和な感じですいません)。

| 未分類 | 02:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#85 馬肉のカルパッチョ

#85 馬肉のカルパッチョ

本来のカルパッチョとは生の牛ヒレ肉の薄切りにマヨネーズとマスタードを混ぜたソースを網の目状にかけた料理である。本家とはまったく違うが、馬刺しをつかって勝手にアレンジしてつくってみた。自然塩で軽く締めて、レモン汁、オイスターソース少々、粒マスタード、オリーブオイルを混ぜ、肉の上に振りかけ、マヨネーズを編み目状にかけ、中央に焼いたエリンギを裂いてのせ、その上にそのへんにあった三つ葉をあしらった。

別にカルパッチョ道を極めるつもりはないので自己流である。熊本は馬刺しがスーパーですぐ手に入るのでつい生肉料理をためしてしまうなあ。牛って生肉をたべるのは、なんだか勇気がいるが、馬肉には抵抗がないのである。日本でも稀な馬刺し文化圏に住むといつのまにか慣れてしまうのである(馬の皆様には申し訳なく思ってます)。

前回は「馬肉のたたき」だったが、今回も宴会用料理として使えるかどうかちょっと練習してみました。んー、なかなかいいんでは …。

| 未分類 | 00:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#84 鯛のカルパッチョ

鯛のカルパッチョ

カルパッチョというのは、もともと生の牛肉を使う料理らしいが、最近では魚介を使ってもそう呼ぶようになった。九州に住むようになって、鯛が身近になった。もともと熊本の御所ノ浦周辺(天草半島の南側)は鯛で有名だ。養殖の鯛はさておき、天然モノはとにかくおいしい。コリッと締まった白身は、造りにしても鯛茶漬けにしても、じつによい。まったく生臭さがない。鯛は、この世に食べられるために生まれてきたにちがいない。その身を挺してわれわれに感動をくれるのである。そう思うとスーパー鮮魚コーナーに並ぶ鯛の顔も凛々しく、上品に見えるから不思議である。

深夜のスーパー、天然鯛のお刺身のパックに半額シールが貼ってある。う、うつくしい。ぷりっとした白身に赤い縁取り。お刺身のカガミである。半額シールをまとうといっそう魅力的である。それではと、さっそく購入。今日は天然塩、オリーブオイル、レモン汁、黒胡椒でドレッシングをつくり、さっぱりとしたカルパッチョ風の一皿でいただく。
うまかー(これは熊本弁)!
鯛じゃなくてさ人間に生まれてこれてよかったさあー(最後は沖縄風)。

| 未分類 | 00:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#83 とろろ玄米

とろろ玄米

Youtubeをみる(高画質で表示するをクリックするときれいに観れます)。

今回は Where the hell is Matt? の2008 version である。この映像は、Stride というガムの会社がスポンサーになっているらしい。もともとの始まりは、Mattくんが個人的に流した映像である。最新版2008 versionはスポンサーつきだがとても気に入っている。これも深夜一人で見ると何故かじーんとしてしまう。

Mattは、世界中どこでもあまりうまいとはいえないダンスをして廻る。ムンバイ(インド)、ストーンタウン(ザンジバル)、クリスマス島(豪州)、ティオティワカン(メキシコ)、マドリード(スペイン)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)イスタンブール(トルコ)、ティンプー(ブータン)、ソエト(南ア) …。 異国のありとあらゆる場所が、彼のダンスによって知らない土地から、親しみのある風景に変わる。

やがて子供たち、若者が、集まって彼のダンスに触発されて思い思いにダンスを始める。その繰り返しだ。言葉は一切ない。Matt のダンスは、見知らぬ風景を一瞬で見慣れた風景を変え、人はダンスの輪のなかに惹きつけられ、ひとつになる。まあ、こういうふうに言葉にすると陳腐になってしまうけれど、要するに言葉にするプロセスなど必要のない映像ということだろう。この映像が、「無条件で他者を受け入れること」を象徴するなにかを伝えるので、じーんとくるのだな。きっと。このへんは、最近の自分のテーマでもある。

職業柄、人を評価したり、仕事を評価する機会がある。
でもあるときから人を優れているだとか、ここが足りないなという上から目線のスタンスを止めてみる事にした。誰もが、すばらしいポテンシャルを秘めている、というふうに考える。実際、転生を繰り返し、成長していく魂の視点でみると、

「ちょっとやそっとお金を持っているからといって、ちょっと仕事ができたからって、ちょっとイケメンだからって、どうということはない。その逆も然り」

ということになる。いずれすべての魂は同じ高みに達する(何回転生しなければならないのかは不明だが)。ただ、そこに到る別の道があるだけだ。「無条件に他者を受け入れること」になんの苦労があろうかということになる。

すると、相当気持ちが楽チンになることに気づいた。「人をさばくな」(ルカ伝6章-37)イエスくんもいいこといっているんだよなあ(クンづけしてお呼びしていいんでしょうかね)。なによりも、自分があれこれ言われるのがいやなので、自分が人を評価、区別すると、自分もされているような気になってしまうからかもしれない。人を裁かなければ、人が自分をどう思おうと知ったこっちゃないぜ。受容するのみである。

そうそう、ハナシがちょっとずれてしまった。もとにもどすと、Where the hell is Matt? (2008) のBGM がまた最高である。”Praan” というタイトルだが、歌詞はタゴールの Stream of Life をもとにしているらしい。タゴールの詩は、自然に存在する超意識(神?)からやってきたとしか思えない深い洞察が感じられて学生時代からとっても好きである。この曲、よろしおすな。


きょうは、玄米にとろろである。こんなシンプルな食事がたまらなくおいしく感じることがある。疲れているのかも。

| 未分類 | 02:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#82 アサリの酒蒸し

アサリの酒蒸し

この時期、ようやく梅雨の長雨がひと段落し、じりじりする日差しが戻ってきた。今日は(日曜日)、押戸ノ石とよばれる複数の石群を見に熊本県南小国町に出掛けた。

押戸ノ石と呼ばれる石群が小さな山の頂上に配置されているという。そしてその石の表面には古代文字が彫りこまれているという。ま、一種の遺跡(?)と疑われている石群なのである。こういうものは、ハナシだけではつまらない。近所にあるとなれば、実際に見て、触ってみるに限る。

熊本から国道57号線をたどり、阿蘇の外輪山の尾根にでてさらに212号線を経て南小国町中原地区に着く、この界隈にあるはずだが、ナビの画面には走っている農道は表示されない。もうここからは人に聞いて押戸石山(標高845 m)を探すしかない。

ところが押戸ノ石までの道順を訊こうにも、人がいない。夏の強い陽を浴びて、農村風景がひろがっているばかりだ。集落をさらに進むと、電動四輪車に乗ったお年寄りが農道をゆっくり移動中なのに気がついた。
「あのう、ちょっとお訊ねしますが、押戸ノ石へはどういったらいいでしょうか」
おじいさんは、戸惑ったような顔をしてゆっくりわれわれがやって来た方向を力なく指差して、「方向が反対じゃ。ぐるっとまわらにゃならん」といったような気がした(テレパシーか!)。お年寄りに対して滑舌云々は失礼だが、そう聞こえたような気がした。訊きかえすのも悪い気がして、お礼を言って、もう少し進む。

狭い道なので、小型車でも方向転換はむつかしい。Uターンスペースを探してさらに進む。やがて「キャンプ場」への道しるべに気がついた。
「きっとこっちだわ」
隊長が突然、断を下す。隊長の指示は絶対服従である。おじいさんのアドバイスには従わず、キャンプ場めざし、どんどんどん進む。さらに道は狭くなり、人家も見当たらない山道に迷い込む。うおー、なんか道に迷ったカンジである。

ようやく離合もできない狭い道沿いにある人家をみつけた。道の生垣で作業している女性に再び道を聞く。なるほど、手際のよい道案内に感激。今度は具体的な目印と進むべき道順がはっきりする。とって返して、ようやく押戸ノ石と表示のある小さな標識を見つけた。

おじいさんは正しかった。きちんとおじいさんの話しを受け止めなかったわたしどもが悪いのである。おじいさんすいませんでしたとココロのなかで謝りつつ、天神様を右に折れてどんどん狭い道をすすむ。やがて右手にマゼノ渓谷を見て登りが始まり、人家も途切れる。さらに舗装路が、切れ砂利道になる。それからが意外に長い。車のお腹をこする雑草の音を聞きながらしばらくいくと急に開けた草原にでた。

草原に木製のベンチがいくつか並んでいる。ようし着いたぞ。勇んで車を降り、大きな石を探すがその周辺にはなにもない。うぬ、たばかられたか!と一瞬目の前が真っ暗になる。「これじゃない?」と隊長の声がする。声のほうをみると、おおっ、小高い丘に向かって、下草が刈り取られているではないか。

草原で覆われた小高い丘の頂上を目指し、10分ほど登る。
ありました、ありました。標高845mの押戸石(おしどいし)山全体は草に覆われていて、草の下は黒い土である。草の下には岩とか石とかは見当たらない。しかし、押戸石(おしどいし)山の山頂には、大きな岩が、不規則にならんでいる。確かに不思議である。だれかが、黒い盛り土の上に、そっと巨石を置いていったような具合である。見晴らしのよい草原に大小さまざま、大きなものでは5メートルをこえる石がうずくまっている。

梅雨明けの夏の風は湿り気を帯びているが、汗をかいているのでなんともいえず気持ちがいい。風は、草原を揺らしながら幾重にも重なっている山々を渡っていく。しかも見晴らしは抜群である。九重連山、阿蘇五岳、祖母山が美しい。夏の雲が強い日差しを浴びて深い陰影をつくる。
ああ、にっぽんの夏、キンチョウの夏である。

押戸石(おしどいし)山は、UFO が着陸した形跡はないが、眺望は最高である。
しかもくる途中、57号線にあれだけ車が走っていたのに、ここは人っ子ひとりいない。超贅沢なというか人気がいまいちな絶景スポットなのだった。


今日は、隊長がアサリの酒蒸しをつくる。
隊長が、スパゲティのソースを作ったのだが、焦がしてしまう。あわてて、鍋の底をこそげたので、ソース全体が、コゲくさくなる。ま、焦がし風味といえなくもない。事態打開のためにアサリを半パック投入した。そして残りのアサリを酒蒸しにする。これはうまい。焦がし風味でないところがじつによい。

7時過ぎだというのにテーブルに西日が差している。ここのところ長雨で日が長いことを実感できなかったが、夏至をすぎて2週間、ようやく夏本番である。

隊長の報告書はこちら
押戸ノ石、詳しくはこちら

| 未分類 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#81 カツオ、バルサミコ酢ソースかけまわしの術

カツオのバルサミコ酢大葉

熊本では、あまり本カツオが店頭に並ぶことはない。シビカツオという名前のカツオは多く目にするのだが、本ガツオが並ぶことがなかった。というかスーパーには閉店間際にいくので、売れてしまっていたのかも。このあいだカツオのたたきの握り寿司をつくってから、ときどき本カツオがスーパーに並ぶようになった。どうやら宮崎から運ばれてきているらしい。今日も魚の半身を二つに割った塊を「ダルマ」と称して売っていたのでひとつ購入。

金属串があれば、串を打って、ガスで焼き目をつけるところだが、そんなものはないので、表面をサラダオイルをひいたテフロン加工のフライパンでざっと焼き、氷水で熱をとったあと、よく水をふき取り、造りのように切って、皿に並べた。これにソースをかけまわしてたべることにしよう。お皿にならべたあと、薄く塩をふり、しばらく置いて、表面にでてきた水気をペーパータオルでふき取る。

ソースはニンニクの小片をすりおろし、塩、バルサミコ酢、オリーブオイル、赤と黄色のカラーピーマンのみじん切りを加える。味見してみると、なんだか味がうすらぼんやりしている。塩もひかえめだし ... 。レモンを絞って加える。うむ、これでいいカンジになったかな ... 。カツオの表面によく混ぜたソースをスプーンでかけまわし、黒胡椒をひいて、大葉をかざるとできあがりでおじゃる。

もうすぐ、熊本に地獄のように暑い夏がやってくる。こんなうまいカツオが食べられるなら、初カツオが連れてくる暑い夏もなんとかのりきれるかも。

| 未分類 | 00:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。