2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#283 牛肉のパイ包み焼き

牛肉のパイ包み焼き


8月のおわりのある週末、ものすごい寒気がしたとおもったら、翌日熱が39℃ちかくでて、ダウンしてしまった。その週末は、ずっと寝たきりだったが、熱が下がってもなかなか回復せず、2週間近く体調がすぐれなかった。

特に冷房がいけない。冷たい風に当たると、寒気がして、頭痛がするようになった。こんなことは健康だけが取り柄のワタクシには、起こりえないことである。完全にカラダの温度調節が壊れてしまったようで、温かいお風呂に入ってもなかなか汗がでなくなってしまった。

東京での生活の疲れがカラダを蝕んでいたらしい。体調が悪いと、考えまで、暗くネガティブになりがち。うつになるひとの気持ちの一端がわかったような気がした。気持ちまで落ち込むなんて、ついぞなかったことだ。

9月も半ばになって、ようやく体調が戻ってきた。でも週末の待ち遠しいこと。あ~、やっと週末だ~。休める。朝寝ができる。わ~い、というわけで、月曜から金曜まで、青息吐息でようやくたどりつくというテイタラクである。

こんなときは、景気づけに宴会でもやるか~。姪のFちゃんと、飲みにいこうといったまま、約束が不履行のままになっていたので、金曜の夜、夕飯に招待することにした。

仕事がおわると、速攻で帰宅。大急ぎで、料理をつくる。約束は7時半である。

ところが、仕事で、誰も集合時間に集まらない。Fちゃんからは、遅れるとのメール。平日は、みんな忙しいんだなあ。暇なのは体調不良のワタクシだけか。

9時すぎ、Fちゃんから、これからいってもいいですか、のメール。待ちぼうけを喰い、時間が余ったので、メニューを変えて、パスタ用のトマトソースを所在なげにつくっていた料理人に朗報である。

Fちゃんにつづき、焦がし隊長も帰宅して、ようやく宴会開始、もう10時近いぞ。2人とも腹ぺこだったらしく、あっという間に、パスタまで完食。もう遅いのでスキップしようと思っていた牛肉のパイ包みも作ることになった(写真は翌日、余った食材でもう一度作ったもの)。

無事、デザートにたどり着いたときには、12 時をまわっていた。終電も近いので、そこでお開き。

あわただしかったけれど、やっぱり料理はたのしい。
宴会も深夜まで盛り上がり、元気をもらいましたぞな。



料理メモ
前菜プレート(ミックス豆チーズ、スモークサーモンとレンコンの和え物、オリーブ(オレンジ皮詰め)、ホワイトアスパラバジルソースがけ、エビカクテルソース)。オイルサーディンのラー油がけ。梨とホワイトアスパラのサラダ。トマトソースのパスタ、牛肉とアスパラのパイ包み焼き、アイスクリーム梅酒がけ。


写真のパイ包み焼き:2人分。カルビ焼き肉用牛肉5枚、レンコンみじん切り。オリーブオイル、バルサミコ酢、甜麺醤(多め)、塩、胡椒。よくあわせ調味料と和えて、しっかり味をつける。パイシートを卵黄でとじる。200℃、15分。
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#282 スモークサーモンのオープンサンド

スモークサーモンのオープンサンド


UFOの真偽については、もう諸説あって、それをいちいち読んでいると、きりがないので、すっかり最近では読まなくなった。とはいうものの、久しぶりにこの夏休み、元陸上自衛隊の空将が書いた自衛隊機とUFOの遭遇の本を読んだ。自衛隊機もずいぶん頻繁にUFOと遭遇しているらしい。

しかし、そういった記録は残らない。その手の報告を真面目にすると、精神的に異常があるのではということで、航空機の操縦者として不利に扱われるのであえて口にするものはいないのだという。著者は、国防の観点からも、きちんとUFO問題に対処すべきだと結んでいる。なるほどね。

UFO、宇宙人云々でもっとも有名な事件といえば、「ロズウェル事件」だろう。戦後間もない1947年7月2日、米国ニューメキシコ州のロズウェル陸軍航空基地近郊の砂漠地帯にUFOが墜落し、米国陸軍が機体の残骸と宇宙人の遺体を回収したとされている事件である。

当日、その事実を発表した陸軍は、その日のうちに、回収したのは「実は気象観測用の気球だった」と発表内容を訂正し、UFOの機体と宇宙人の遺体を回収したことを否定した。

軍隊というところは決して冗談でものをいわないところだから、最初の発表を否定するということ自体ありえない。発表後、上層部によって、もみ消しを計ったと考えるのがごく自然である。この事件には多くの地元の人々や、回収に関わった兵士の証言があり、長いことその真偽が取りざたされてきた。

この事件の当事者である軍のスポークスマンがホート中尉というひとである。当時軍の発表を担当し、3年くらい前に亡くなっている。死後、彼の遺書が、開封されたのだが、そのなかで、実は、彼自身回収されたUFOの残骸と2体の宇宙人の遺体を見ており、当時の上官の命令で、隠蔽に関わったという真実が書かれていたという。

すごい!60年以上経ってからも新資料がでてくるなんて。かぎりなくクロに近い事件だが、詳細はまだヤブのなかである。


*スモークサーモンのオープンサンド、久しぶりである。ジャガイモをあわせるのが好きである。

| パン関係♪ | 21:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。