2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#297 イワシと下仁田ネギのパン粉焼き

イワシのパン粉焼き


クリスマスイブ、M上さんやperikoさんに誘われて、目黒の「太」(ここ)にいった。

創作和食のカウンターに10席ほどしかない小さな店である。

いつも思うのだけれど、ちゃあんとした料理人ってすごい。塩加減も素材の下ごしらえにもいつも感心する。

丁寧できちんとしてる。プロとしてはあたりまえといわれれば、それまでだが、そんなふうにわかったようなことをいうと、思考はそこで停止してしまう。

端正で丁寧な仕事と素直に向かい合えば、そういう仕事に出会う度に感動がある。

どれもおいしかったが、鴨のロースト、すりおろしたカブのスープに白子、鯛のカルパッチがうまかった。フォアグラって脂が勝ちすぎていて、というか脂の塊という風情でちょいと苦手だったのだけれど、海老芋とのコンビネーションでおいしく食べられた。海老芋うまいっす。

もっともフォアグラが苦手といっても、苦手といえるほど出会ったことはないんですけれど。

写真は自作のイワシと下仁田ネギのパン粉焼き。「太」の2週間前に出かけた「Pont du Gard」(ここ)でうまかった下仁田ネギのチーズ焼きに感動して作ってみようと思い立ったのに、なぜか下仁田ネギとイワシの組み合わせになってしまった一品。
スポンサーサイト

| さかな料理♪ | 23:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#296 チキン/エビ-アボガド/スモークサーモンサンド

チキンサンド


休日ランチ、なう。

...

なんだか満足、なう。




<料理メモ>
チキン-ラディッシュサンド
レッドラディッデュをスライスし、その葉もパセリといっしょに刻む。粒入りマスタード、オリーブオイル、黒胡椒で和えてパンに載せ、そこにケンタッキーフライドチキンから買ってきたカーネルサンダースをのせる、おっとカーネルサンダースをのせちゃいけません、カーネルクリスピーを半分に割ってのせる。

エビ-アボガドサンド
エビ、アボガド、レッドラディッシュスライス、オリーブオイル、タルタルソース、黒胡椒、塩少々でペーストつくり塗る。別にスライスしたアボガドをパンにならべ、そこに作ったペーストをたっぷり載せてクリームチーズを塗ったパンに挟む。

スモークサーモンサンド
サーモンペースト、レッドラディッシュの葉を粒入りマスタードであえたもの、スモークサーモン3切れをパンに挟む。



| パン関係♪ | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#295 マッシュルームサラダ

マッシュルームさらだ


生のマッシュルームサラダ、なう。

...

ツイッター の練習、なう。




| サラダとその親戚♪ | 09:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#294 黒ごま生麩と豚ばらの焚き合わせ

黒ごま生麩と豚ばらの焚き合わせ


しばらく前になる。

10月15日に渋谷のシアター・イメージフォーラムで映画を観た。
60席しかない極小映画館だったが、その日が最終日。ようやく間に合った。

映画のタイトルは「ZERO」。イタリアのドキュメンタリー映画である。

2001年9月11日に起きた同時多発テロは、アルカイダの仕業だとされている。だが、事件後米政府調査委員会の公式発表に対しては国内外でいまも多くの疑問が指摘されている。この映画は、その疑惑を追う。

アメリカ合衆国が民主的なよい国家であるというのは、必ずしも正しくない。歴史をふりかえっても良識のある国家であったためしはないといってもいい。いまだに距離や重さの単位としてマイルやポンドを使っているのも独善性の現れだろうと思う。これは個人的見解。

イラク戦争やベトナム戦争を例にあげるまでもなく、ちょっと掘り下げるとこの国がもっている深い闇が見えてくる。同時多発テロもそうだ。

なぜ航空機が突っ込んだツインタワーは、あんなふうに1時間近く燃えたあとで、一瞬のうちにくずれたのか。リアルタイムで中継を観ていてとても不自然だった。通常高層のビルで火災が起きてもあんなふうに崩れることはない。過去の高層ビル火災では例がないのだ。

違いは何か、航空機燃料火災による高温よって建物を支えるスチール(鉄骨)が、融けて強度を失い上の階の重さに耐えきれなくなり、パンケーキが上から重なって落下するように崩れた、と考えるしかない。

実際事故調査委員会の報告もそうなっている。スチールが融ける温度(千数百℃)に達しなくてもその強度は半分くらいにおちていたからではないかというのが言い分だ。

それって本当?というのが、ずっと持っていた疑惑だ。TVでもそれほど炎が激しくでているわけでもなく、黒煙がもうもうとあがっている状態が長くつづいていたはすだ。火災が起きている階層を通って、上層階から避難した人の証言によると、火災を起こしている階層では、激しく燃えていたようには思えなかったという。

あんなふうに高層ビルが垂直に崩落したのだから、航空燃料が燃えることでスチールが強度を失うに十分なほど温度が上がっていた、と考える。これって正しいのだろうか。

こういうと、じゃあ他にどんな荒唐無稽な仮説を考えれば、ビルは一瞬でこわれたというのか。ビル解体と同様に爆薬が事前に仕掛けられていたとする陰謀説に加担するわけじゃないが、なにかがおかしい。事故調査委員会の報告書は、大事なところがすっぽり抜け落ちているような気がする。

事故調査委員会が行った実験でもパンケーキのような崩落は起きなかったため、報告書ではシミュレーションでパラメータを変えて辻褄をあわせたものになっていると述べている。この点についても、もっと深く掘り下げて欲しかったニャー。


| 未分類 | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。