2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#327 フィラデルフィアロール

フィラデルフィア巻


「巻きす」とは巻き寿司を巻くために使うのすだれのような調理器具である。

ふとホームセンターで巻きすを買ってみた。

巻きすをもっていなかったので、巻物の寿司をつくることはなかったのだが、何年か前に鉄火巻きを作ろうとしたことがある。

当時は、巻きすがなかったので、「週刊文春」で巻いたのだが、週刊誌が厚かったため、キレイに巻くことができなかった。

初心者はカッパ巻きかカンピョウ巻きから入るのが正しい気もするが、今回はいきなり裏巻きである。おぼつかないが、とりあえず完成。

中には、のり、キュウリ、クリームチーズ、スモークサーモン、カニカマ。クリームチーズは、フィラデルフィアクリームチーズ(Kraft)ではなく雪印。

クリームチーズとスモークサーモンの組み合わせはベーグルでもおなじみ。これに酢飯がじつによく合うのである。

なので、食べたときにアシカでもないのに思わず「アウ、アウ」と吠えてしまうのである。

スポンサーサイト

| お鮨とその弟子♪ | 12:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#326 しめ鯖(サバ)のにぎり寿司

しめさばの握り


鯖にアタったことはないが、秋刀魚の刺身でアタったことならある。

そのときのツラさが、なまなましく記憶に残っているため、青魚の生食はどうも腰が引ける。そのとき以来、鯖でアタったわけではないのに、しめ鯖作りも封印していた。でも、いつまでも怖がっていても始まらない。

市販のしめ鯖からリハビリを始めるのもいいかも。

というわけで、市販のしめ鯖を買う。

いつか読んだ銀座の寿司屋のすきやばし次郎の話によると、丸々と太った鯖なら、日本の近海のどこで穫れようとうまいらしい。

シメた鯖を真空パックしてある青森県産のものを買う。

酢でシメてあるので、生臭さはもちろんないが、だめ押しでレモンを絞って、食べるのが好きだ。酢とレモンのダブルの酸味に負けない鯖の旨味が好きなんである。




| 未分類 | 21:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#325 大根とカニカマのサラダ

だいこんカニカマのサラダ


大根の細切りに塩をふって、しばらく置く。

大根からでた水分をよく絞り、振った塩も十分除く。

カニカマを混ぜて、大葉をあしらい、と白ごまを振って出来上がり。

コクが足りなければ、ちょっとだけごま油をかけるか、ポン酢もいいが、今晩はさっぱり塩味にレモン。

このカニカマは「かにちゃいまっせ」((株)スギヨ)という商品。

ネーミングが絶妙である。


| サラダとその親戚♪ | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#324 シーチキンとろろ

とろろシーチキン


叔母が亡くなって一年が経つ。今回の震災で中止をしたほうがいいという意見もあったが、叔母の一周忌、仙台に親戚が集まった。

朝、新幹線の中で忘れ物に気づいた。
仙台の母にメールをうつ。

「数珠忘れた。ある?」

すぐ母から返事がくる。
「予備あるよ」

しばらくしてまたメールが来る。

「おじいが朝から騒いでいます」

久しぶりのイベントで父が朝から興奮しているらしい。

とりあえずほっとして以降仙台まで爆睡。


仙台駅の東側にはお寺が並ぶ新寺小路という通りがある。法事はその一角にあるT秀院で行われた。

まずお坊さんが本堂でお経を上げる。
最初のは般若心経。

促されて順番に焼香に立つ。

91歳の父は最近足がおぼつかない。介添えでいっしょに父の焼香に立つ。

お寺の本堂のお焼香台の両側には3メートルくらいの間隔で立派な柱がある。その柱には厚さ3センチくらいの長い板がかかっている。天井に近いところで太い柱に一カ所固定されている。なんと書いてあるのかわからないが、表面に大きな金色の文字が書かれている。

父と椅子にもどり、介添え修了。

こんどは自分の焼香を済ますために席を立つ。

席にもどり、お経を聴きながら、ふと見上げると左の柱に掛かっている厚くて長い板が左右にゆっくり揺れてるのに気づいた。

あれ、いつから揺れているんだろ。

お焼香が終わり、お経が終わるまで板は振り子のように揺れて止まらない。右の板はまったく動いていないのに。誰かよろめいて、触って揺れ始めたのかな。

参加者は14名、足取りがおぼつかなくてよろめきそうなのはウチの父と最近足を痛めた従兄弟のT宣ちゃんくらいだ。だが、父は自分が付き添って焼香を済ませたから、よろめいて板に触ってないことは確かだ。もっともお焼香をする場所から正面左の柱にかかっている板に触れるには、ちょっと距離があるしなあ。

それとも亡くなった叔母さんが、合図を送ってくれたのかなあ。

人は亡くなるときに強い思いこみやコダワリがあるとFocus 23と呼ばれる領域に捕われてしまい、Focus 27という本来もどるべき世界にたどり着けないことがある。肉体を離れてから我々が旅をする世界は広大でその仕組みは精緻を極めていることが最近の探索で明らかになっている。

ただしその世界は、五感によって理解できないために物質を基盤とする現代科学が扱うまでにはもう少し時間がかかる。

末っ子だった叔母は生涯独身で長年高校の数学教師をやっていたのだが、あまり親戚付き合いはよくなくて、ときどきその発言がヒンシュクの種となったこともある。今から考えると叔母の年代で女性がひとりで生きていくのにはそれなりにいろいろな苦労があったろうと思うと理解もできる気がするのだ。

叔母が亡くなったとき、彼女が肉体を離れたことに気づかずにどこかに迷い込んでいないか少しだけ心配だったのだが、無事Focus 27を経由してこの世での生から自由になったことを板を揺らして知らせに来てくれたのかもしれないな。

目を閉じて静かに手を合わせると笑顔の叔母の姿が浮かんだ。


| 未分類 | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#323 里芋のマッシュ

里芋マッシュ


頭を振ると、右耳のなかが、ガサガサいう。一週間ほど、どうやっても音が鳴りやまない。これはギネス級の耳垢か、ダンゴムシでも迷いこんだか。ちょっとワクワク、和久井映見。

最後の手段。粘着剤の付いた綿棒を買ってきた。

おお、なんと短めの髪の毛が右耳の中から出てきた。

耳のなかに髪の毛が入って出てこなくなっていたのか。

生まれて初めての経験である。耳の中に髪の毛が迷入するなんてことあるんだな。適当な長さだったので偶然ある角度で耳の入り口に入り込み、どうしたわけか耳の奥に移動して取れなくなったのだろう。

長いこと生きているが、まだまだ「初めて」だの「未体験」だの「想定外」があるなー。

     *  *  *

2ヶ月前にマッシャーを購入して以来、ジャガイモなどの根菜類を潰すのが、お気に入り。

で、里芋を蒸してマッシャーで潰す。

胡椒、オリーブオイル、アンチョビ、トウガラシを細かくしたものを混ぜる。

ジャガイモもいいが、ねっとりした里芋もおいしい。オリーブオイルとアンチョビを使うとちょっとイタリアンになる。

| 未分類 | 07:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。