2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#332 ピーマンの中華風サラダ

ピーマンのホタテ味噌サラダ


冷蔵庫の整理をかねて、調味料の
瓶をだしてみる。

芝麻醤(チーマージャン)はきらしているが、
豆板醤、XO醤、甜麺醤(テンメンジャン)、
コチュジャン、っと。

XO醤とコチュジャンは残りがわずかである。
どうせだから使い切っちゃお。

というわけでXO醤とコチュジャンの瓶の残りを
スプーンでボールに移す。どちらも大さじ1くらいかな。

そこに甜麺醤と豆板醤を少々加え、水を加えて、調味料を適当に緩める。
さらに歯ごたえと旨味増量のため、少量残っていた乾燥ホタテを
2つ、包丁で丁寧に砕いて加える。乾燥ホタテなので、
最初は固いが水分をゆっくり吸って、歯ごたえが少しだけ残るように
なるはず。

これまた残っていた生姜を細く刻んでのせて、ごま油を少々たらすと、
中華風味噌ダレらしきものが完成。

これをピーマンにそっとかければ、味噌の旨味たっぷりの
ピーマンサラダである。

よかったよかった。

ピーマンしかないので、どうしようかと思ったが、
冷蔵庫の整理もできたし、なるようになる。

終わりよければ、すべてよし。

...

なんである。


スポンサーサイト

| 未分類 | 06:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#331 黒ごま豆腐

黒ごまどうふ


練り黒ごまペーストに醤油とあご出汁を
少々入れて練りごまをのばす。
あごで出汁をとっていたみそ汁用を少々転用。

味を見る。

ほんのり甘味もあるといいかな。

というわけで、みりんを少々。

いい感じの黒ごまダレができたぞな。

木綿豆腐をきっちり水切りして、
スプーンでかける。

側面にたらーりと垂れたら出来上がり。

うまいぞな。



*あご:とびうお

| とうふ関係♪ | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#330 アボガドと塩玉ねぎをはさんだベーグル

アボガドと塩玉ねぎのベーグル


誰もが知っているのに自分はたまたま出会う機会がなかったために、ずっと今の今まで知らなかったというものがある。

興味がなかったためなのか、他のものに気を取られていたのか。

最近生クリームから甘味をほどよく抑えた餡子へと興味の対象が移ってしまったのだが、ケーキの類いも決して嫌いではない。だが、サヴァランという洋菓子は耳にしたことはなかった。耳にしていても興味の対象がエクレアに限定されていたから気がつかなかったのかもしれない(無類のエクレア好き)。

サヴァランというのは、フランスの焼き菓子である。カステラ生地に紅茶シロップをしみ込ませ、そこにラム酒やキルシュがかかっており、クリームや果物で飾ってある洋菓子のことである。モノの本には、カステラ生地というより発酵パンとかいてある。フランスの有名な食通ブリア=サヴァランにちなんでつけられたものらしい。

ま、大人の食べ物である。

そうか。ではそのサヴァランというものを食べてみよう。というわけで先週の週末、近所の洋菓子店で購入してみた。

忘れないようにサヴァラン、サヴァランと繰り返し唱えながら店に急ぐ。えっと、ヘレン=ケラーの先生はだれだったかな。サリバン先生だったな。

そうサリバン、サリバン。




| パン関係♪ | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#329 ジャーマンポテト

ジャーマンポテト


スパニッシュといえば、スパニッシュオムレツ。

アメリカンといえば、アメリカンコーヒー。これは、薄いコーヒーの代表格。でもさ、スタバのコーヒーは深煎りで濃い。あのアメリカンコーヒーはどこにいったのだろう。

フレンチといえば、フレンチトーストか。フレンチカンカンじゃない(古っ!)。

ロシアンといえば、ロシアンルーレット。ちょいと剣呑である。

さてジャーマンといえば、おそらく多くのひとがポテトというはず。
でもワタクシにとって、ジャーマンとくれば、ポテトじゃなくて、ジャーマンスープレックスホールドなんである。

プロレスの技である。

相手の腰を後ろから抱えて、そのまま後ろむきに相手をマットにタタきつけ、そのままブリッッジのカタチでフォールする。

プロレスの神様カールゴッチが得意としていた技だ。ゴッチといってもいまとなってはわかるひとは少ない。ゴッチ直伝のこの技は、猪木なんかも得意技にしていた。日本語名は「原爆固め」。これも放射能に敏感になっている今の日本では物騒な呼び名である。

ジャーマンポテトは、ジャーマンと名のつくものでは2番手なんである。

| 未分類 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#328 カツオのたたきトマトソース

かつおのトマトソース


カツオのシーズンである。

フライパンで薄く油をしいて、表面に焼きめをつける。

薄くスライスして、お皿に並べて、薄く塩をふる。

トマトをさいの目に切り、大葉、カイワレを刻む。そこにおろしニンニクをごく少量混ぜて、醤油、オリーブオイルを入れてトマトソースのできあがり。

トマトソースをカツオにかけ回して完成。

いつもなら酢かレモン汁を使うのだが、今日はトマトの柔らかい酸味を使う。

これはこれでうまいもんでおじゃる。





| 未分類 | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。