2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#356 う巻き

う巻き


お歳暮が届いた。

といっても最近のことではない。昨年の年の瀬である。モノでなく、カタログから選べるというもの。いわゆる「選べるギフト」である。

昨年は受験生の甥宛に牛肉を指定して送っちゃったのだが、そうそう若いモンを甘やかすのもよくないのではないか、という教育的見地からの意見もあり、今年は若くないモンでいただくことにした。

で、注文したのはうなぎである。

5串入っていたので、お休みの日に朝からうな丼を食べたり(贅沢感アリ!)、白焼きに下し生姜をたっぷり載せて、日本酒でいっぱいやったり、さんざんうなぎを堪能した。

最後は「う巻き」。大好物である。

ところがいつもとちがう高級食材の「うなぎ様」の参加。小心者なので、いつもはうまく巻けるはずの厚焼き卵が上手に巻けない。

結果、うなぎが厚焼き卵焼きの周辺部に寄ってしまうという不本意なできあがりとなった。
スポンサーサイト

| さかな料理♪ | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#355 カレー鴨南蛮うどん

鴨南蛮


なんだか、冷える夜は温まるものを簡単につくりたいもんじゃ。

おお、だいぶ前に買った長ねぎがそろそろアブないな。レンコンの残りもなんだか水分がなくなって元気がないぞ。

冷凍室には冷凍うどん。冷蔵庫にはスモークの合鴨が半分あるし、戸袋にはカレールーがひとかけ残っている。

そんなわけで、レンコンと長ねぎをフライパンで焼き目をつけてあと、日本酒をいれて、ちょっと蒸してレンコンに火を通す。お湯を加え、カレールーを放り込んで、麺つゆどぼぼと加え、湯切りしたうどんを移した丼にそそぐ。

スモーク合鴨の切り身を載せたのだが、具が多すぎて、どちらかというと、合鴨の切り身が垂直に近く立っている。

茶柱が立つのとはわけがちがうが、なんか縁起がよさそうな、寒い夜なのだった。




| イケ麺類♪ | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#354 お餅のカブのみぞれ煮

おもちのカブのしぐれ煮


お餅がまだ残っているので、新しい食べ方を試してみる。

このあいだのブリしゃぶで使ったカブのだし汁がうまかったので、そのままお餅に応用する。

今回は、昆布を使って出汁を丁寧にとらず、昆布の粉末をふり、麺つゆ、日本酒を加えて速攻でだし汁をつくる。そこにカブを擦り下ろす。

で、焼いた餅を投入してできあがり。

白髪葱を載せていただく。

さっぱりしておいしー。

| 未分類 | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#353 海老芋ペースト大盛りバゲット

海老芋のペーストのバゲット


今日は、連休の中日。

3連休もあと明日1日と、考えるか、まだ今日も含めて2日もあると考えるか。後者のほうが気分がいいに決まっているのだが、もう少し休みたいとつい考えてしまう。昨年末にひいた風邪が尾を引いていて完治までいかず、テンションが低いのもその理由。

というわけでここは景気付けに、海老芋のペーストをてんこ盛りでバゲットにのせてみた。

海老芋は里芋の一種だが、高級芋だけあって、お正月シーズンはちょっと高かった。お正月があけて、安い小ぶりの海老芋がスーパーの店頭に並んでいたので買ったものだ。

海老芋を蒸して、マッシュする。オリーブ、冷凍小エビ、オリーブオイル、リンゴ酢、黒胡椒、乾燥パセリをふって、カリッと焼いたバゲットに載せる。

子ども用には、マヨネーズをかけて、表面をもういちど焼き上げるのもいいかも。

じゃが拙者、子どもではござらんので、このままいただくでござる。

ねっとりした海老芋とバゲット。

「あいます、あいます」

最後はちょっと坂上二郎調。



| 未分類 | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#352 ブリしゃぶ

ブリしゃぶ


富山では正月ブリを尊ぶ。分厚い刺身は、正月になくてはならないメニューらしい。ということで毎年富山の義母からブリの半身が届く。

贅沢なハナシだが、ブリの刺身もそうそうたくさん食べられるわけではない。

どうしたらいいかなあ、と変化球のメニューを考えてみた。そういえば、何ヶ月か前にTVを観ていたら、ある和食料理屋のブリしゃぶを紹介する番組をやっていたな。

その詳細は憶えていないのだが、なんとなく思い出しながら作ってみたところ、意外に好評である。

鍋に水を張り、昆布とカツオブシで出汁をとる。日本酒を入れて、アルコールをとばしたら、カブを下ろして、加える。多い方が、カブの甘味がでておいしい。長ねぎを斜めに切ってそれを鍋に加え、塩で味を整えたら、下ろしたカブと長ねぎのスープができる。これだけでうまい。

一人のときは、ガスで温めた余熱だけで、鍋を食卓に運び、ブリしゃぶができるが、大人数のときは、卓上ガスコンロに載せた鍋で軽くおよがせ、長ねぎといっしょにポン酢で食べる。

ブリのほか、水菜やエノキダケ、白菜などのクセのない野菜をいっしょに食べた。

最後は、ブリの旨みがでた鍋のスープをご飯にかけ、いくらを散らす。これも絶品。自分で作っておいて絶品もないが、うまいのだから仕方がない。これもまるまる太ったブリのおかげである。


| 未分類 | 18:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。