2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#366 豆腐ミョウガ三つ葉の生姜ドレッシングサラダ

豆腐ミョウガ三つ葉の生姜ドレッシングサラダ


本が売れないせいか、書店の数は確実に減っている。近所にあるのはベストセラーや雑誌などをおくTSUTAYA のような本屋ばかりになってきた。それでも東京にはいろんな本屋がある。

個性的な本屋は居心地のよい最高の空間だ。青山ブックセンターや東京駅の丸善などは好きな書店である。でも一番落ち着くのは、神保町の東京堂書店だった。「 … だった」と過去形で書くのは、改装されてしまったからである。この春改装オープンした。

東京堂書店がお気に入りだった理由はいくつかあるが、まずお客さんが少ないこと、近くに巨大な三省堂書店があるので、ついそちらにいってしまうのだろうと思う。売り場面積を考えると品揃えではかなわない。でも静かに本を選ぶのにはもってこいなのだ。週末には本の作者を呼んで講演会などのイベントもある。なによりも精神世界の本が充実している。そのうえ、立花隆コーナーが常設されていた。どれもポイント高いぞ。

そんなわけで通勤帰りに半蔵門線の神保町駅でおりて、東京堂書店に寄れば、いつも最高の空間が待ち受けていたわけだ。シアワセだったなあ、あの頃。

改装した書店にいってみて、驚いた。カフェが併設されており、本を買ってその場でコーヒーなど飲みながらゆっくり読めるスペースができていた。お、これはいい。本を買って、カフェで読む。本屋のカフェなので、あまりおしゃべりするひともおらず、集中できるじゃないか、とよろこんだのもつかの間、ふと気づくとワタクシのお気に入りの「精神世界の本棚」と「立花隆コーナー」は撤去された模様なのである。ワタクシ、長いこと、そして今も立花隆オタクである。

うーん、改装されて、併設されたカフェは、とても雰囲気がよいのも事実だが、お気に入りの2つのコーナーがなくなっちゃったのは、とても残念。でも書店業界の最近のキビしさを鑑みると、オタク度の高いコーナーはいずれ淘汰される運命にあったのだ。

それが書店の個性でもあったのだと思うとちょっと残念な気もするのだけれど …。


スポンサーサイト

| 未分類 | 23:01 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

#365 赤飯

赤飯


世の中はどうしてこうもうまく回らないのだろう。一見平和そうに見えていても、局所的にみれば世界は常に紛争、貧困、搾取などありとあらゆる不幸に溢れている。先進国だって負けず劣らず、社会不安や金融不安など閉塞感に悩まされている。人類社会は、優れた富の再配分というシステムをいまだに生み出せないでいる。

地球が人類にとって無尽蔵に豊かであった時代は終わり、人類は限られた資源やエネルギーをどう配分し、生活環境をどう保全していくかという課題に直面している。ところがすでに富を確保しているごく一握りの人々はそれを手放そうとはしないし、社会も富の再配分につながる優れた社会システムを誰も提示できないできた。

陰謀説が指摘しているのは、米国やヨーロッパの金融資本家である。ロスチャイルドやロックフェラーなどの資本家が、米国やヨーロッパの中央銀行をはじめとする金融システムをコントロールすることで世界の富を「意図的に」収奪し続けてきたというのである。ごく最近そのシステムが行き詰まり、隠されていた意図が明らかにされ始めているというものだ。

ここ何年かでこうした主張をするひとたちがものすごく増えている。たとえば、田中宇(さかい)は元共同通信社の記者でネットで国際政治経済ニュースの分析をしているが、ニューヨークの資本家(彼はこういう言い方をする)や軍産複合体の意図的な動きについて陰謀説と呼ばれるのは不本意だとは認めつつもその動きを指摘してきた。米国政府は表向き民主的な体裁をとっているが、じつは表向きの勢力とは違った別の組織が存在する2重の権力構造になっているのではないかという指摘である。

似たような指摘や主張をしているひとは精神世界と呼ばれる怪しい分野ではもはや定番といっていいほどである。陰謀説がいうように我々は騙され、収奪されていたのか、それとも現代社会の閉塞感をだれかのせいにするために誰かが考えついた言い訳にすぎないのだろうか。

「Thrive(繁栄)」というノンフィクション DVDを観た。「繁栄」というタイトルは本来われわれが手にするはずの富を奪われているという意味だ。金融をコントロールする一部の資本家が金融システムを利用して富をかすめ取り、世界を支配してきた、それに気づくことによって、我々は本当の意味で自由になり新しい秩序を打ち立てることができる。富めるものが力をもっている。富めるものと貧しいものがいる世界、それは紙幣という不思議なシステムによって意図的に作り出されているというのだ。

このDVDを制作したのは、P&Gの経営者の一族の御曹司であるFoster Gambleである。貧乏人が金持ちの陰謀をあげつらってもあまり説得力がないけれど、セレブが主張しだしたところをみると、すべてが真実ではないにせよ、ある真実が暴かれ始めようとしているのかもしれない。




**「Thrive」の視聴はこちらからできる(映画館では上映されないという)。以下から5USドルにて視聴できるとのこと。日本語の表示が出てきたら、それを選ぶ。DVDで見たい人はいってください。一本購入しました。
-> http://www.thrivemovement.com/the_movie

| 未分類 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。