2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#372 カプレーゼ

カプレーゼ


「株主珍提案」(1日 Rイター)

N村ホールディングスの株主総会が開かれるのを前に、ある株主から「会社のトイレを全て和式にせよ」などという珍提案が出され、話題となっている。
日常の基本動作の見直しとして、「オフィス内の便器は全て和式とし、足腰を鍛錬し、株価四桁を目指して日々ふんばる旨定款に明記するものとする」と提案。その理由については、「今が『ふんばりどき』であり、和式便器に毎日またがり、下半身の粘りを強化すれば、かならず破綻は回避できる」と説明している。



「同業者のおはぎ握り潰した疑い 和菓子業者を逮捕」 (8日 N経新聞)

道の駅で販売していた同業者のおはぎを握り潰したとして、F岡県警田川署は9日、和菓子製造販売業のSH容疑者(61)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。同署の調べに、SH容疑者は「手に取って見ただけ」と容疑を否認しているという。逮捕容疑は9日午前8時15分ごろ、物産売り場に陳列中のパック入りおはぎ6個(660円相当)をパックごと握り潰した疑い。同署は同業者への嫌がらせとみている。


こんな記事だけだったら、この世ももう少し平和になるかもなあ。




スポンサーサイト

| 未分類 | 22:35 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#371 揚げの炊いたん

焼き揚げ


死後の存在を否定する考え方というのは、人類の長い歴史ではごくごく最近のもので、合理主義、経験主義が唱えられ、同時に近代科学が物質を基盤とした世界観を提示してからのことだ。

もちろんそれ以前のキリスト教的な来世イメージは、宗教色に偏ったお仕着せのあの世に過ぎなかった。だからキリスト教の来世信仰からひとびとを解放したともいえる。

神は死んだ。生命は物質を基盤に生まれ、そして死ぬ。それ以上のものはそこにはない。

ま、宗教的なあの世を信じるのは、個人の責任でやってもらいたい、というのが物質科学をヨリドコロとする現在の考え方だ。

そこにホコロビができたのは、何人かの精神科医の報告のおかげである。

エリザベス=キュープラー=ロスは、スイス生まれの米国の精神科医だが、死に臨むひとたちの観察から、肉体から離れた実在、死後の存在を主張し始めた。

それと同時期にやはり臨死体験をしたひとからの報告をもとに死後の存在にアプローチしたのが、レイモンド=ムーディである。エリザベスキュープラーロスは2004年に亡くなったが、レイモンド=ムーディは存命である。

ムーディは、最初の著書「かいま見た死後の世界」で、臨死体験者の体験談についての調査結果を発表した後、続く著書では、あの世の存在とのコミュニケーションをとるための「古くて新しい方法」について述べている。

この方法を使って、すでに亡くなっている近親者や友人と対話することができることを発見したのである。

古くて新しいあの世とのコンタクトの方法とは、「鏡」を使って人間の意識を、変性意識と呼ばれる状態に誘導することによって行われる。日頃われわれの意識は、この世に強く縛りつけられている。だから物質を基盤としない存在である死者を感知することはできない。

ところが、変性意識を誘導することで、あの世に意識を向けることができるのである。それは古代ギリシア、デルフォイの神殿で神託を受け取るために巫女が光る水盤を見つめることでトランス状態になったり、古代南米アンデスで神官が、光る湖面を見つめて神とコンタクトした方法に似ている。

だが亡くなったひととのコンタクトは、被験者の個人的体験であり、主観にすぎない。科学に必要な再現性や物質的な基盤がないために、それを「科学的」に実証することができないが、数千人の被験者を対象に調査を積み重ねてきた。

こんなふうにいわれても簡単には信じられないが、ワタクシ、「エリザベス=キュープラー=ロスとレイモンド=ムーディの言うことに偽りなし」を標榜しているので、信じざるを得ないのである。

最近、ムーディの新しい翻訳本がでた。これがまたおもしろいのである …


<以下次回>


*写真は、油揚げを醤油と出汁でさっと炊いたもの。大根おろしをのせて一味トウガラシを振る。こんなん好きやわ~。



| あやしい話♪♪ | 09:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#370 〆さばの寿司

さば寿司


しばらく前に、人形町の「海」という居酒屋に Periko さんやうさこさんとでかけた。

日本酒と魚がうまい。雰囲気もよい。

〆にしめさばのお寿司がでてきた。大好きな半生タイプである。巻きすをつかって、無造作につくったような風情だが、じつに美味しかった。さすがプロである。

そのイメージを大事に、短時間で作ってみる。

しめさばを買ってくる。全体を爽やかにするため、ワインビネガーを振りかける。冷凍ご飯を電子レンジで温めている間に、ショウガ、三つ葉、ミョウガを千切り。

解凍したご飯にすし酢こんぶだし(ミツカン)をふりかけ、ちょっとワインビネガーも加え、酸味をプラスする。

巻きすの上にラップをひろげ、ペーパータオルでワインビネガーを拭ったしめさばを置き、その上にまだ酢飯(温かいが気にしない)をのせ、巻きすでギュッと棒状にかためる。あまり力を込めると、酢飯が横から飛び出すので注意が必要。

食べやすいように切って、一気にバーナーで表面に焦げ目をつける。薬味をのせて完成。

購入したさばは生臭さがちょっとあるのだが(気にならないひともいると思うが … )、ワインビネガーの酸味と焼き目をつけることで、それを回避できる。これは個人的な感想。薬味も多めにのせるのがよいかも。

かかった時間は15分程度。平日の夕ご飯としては、まずまずの記録ではなかろうか。




*「海」東京都中央区日本橋人形町2-6-8, 人形町駅から45 m.

| 未分類 | 07:45 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。