PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#199 サーモンのスダチドレッシングサラダ

サーモンのスダチサラダ


献立は、その日の半額セールに依存することもある。

今晩は、サーモンである。店で売られるのはサーモントラウトとかトラウトサーモンという名前のサケ科のお刺身であることが多い。

サーモンは鮭(さけ)のことで、トラウトというのは、鱒(マス)のことだ。サケマスってどういうことなんだ、二つも魚種の名前を重ねてなにかいいことでもあるのか、と長いこと不思議に思っていたのである。

調べてみると、なんだサーモントラウトってレインボートラウト(ニジマス)を海で養殖したものをいうのだ。

サケ科の魚は川で生まれ、河川で暮らすもの、海に下るもの、バラエティに富んでいる。よく新巻サケに使われるポピュラーな種類は、シロザケである。日本各地で放流事業が盛んに行われているが、これは孵化後、すぐ海に下る。

そうでないものもある。ヤマメなどは、河川で一生を終えるものと降海してカラダも大きくなりサクラマスと名前を変えて産卵に川にもどってくるものに分かれる。

サケ科の魚は非常に美しい。ヤマメもイワナもレインボートラウトもブラウントラウトも魚体の美しさは頭抜けている。個人的にはヤマメの大きめのパーマーク(斑点)が好きだ。清流を泳ぐヤマメをみると胸がどきどきする。

その昔「マクリーンの川」という小説を読んだことを思い出した。モンタナの美しい自然を背景に、釣り好きの親と子の人生を描いた小説だ。映画化もされたがこれはみていない。

その映画のタイトルは「リバー・ランズ・スルー・イット」。ロバートレッドフォードが監督をしていたのは憶えていたが、ブラッドピットが主演だとは知らなかった。

そうそう、自分でも釣りはしているのだ。釣れなかったけど。

学生時代、半年バイトして半年海外をぶらぶらしていたことがある。一時期、子供の頃住んでいた北米の知り合いの家にしばらく住んでいた。

そのときになんどかフレイザー川という名前の川の支流にスチールヘッドを釣りに行った。スチールヘッドは、レインボートラウトの降海型でふたたび川にもどってきたものをいう。

北米の川は、川幅が広く水量も豊富だ。クマはいるが、ひとはいない。轟々と流れる川の中で一心不乱にキャスティングを繰り返す。隣でクマが釣り竿を握っていても気がつかないくらいに集中してしまう。なんどかアタリはあたったが結局釣れなかった。この釣りはとても難しいのだ。

そのときいっしょにいったフォルスターさんが大物を仕留めた。90センチ近かったとおもう。その魚体の美しさも記憶に残っている。そのスモークした味も最高だった。

いや、今思い出した。自分でも釣ったことがある。

小学生のころ、北米に一時期住んでいたが、ときどき家の近くの川に父親に連れられて、サケ釣りに行った。そこで、ワタクシ小学生ながら、やはり90センチ近くあるシロザケを釣り上げたことがある。

そうだ、思い出したぞ …。つぎつぎに記憶がよみがえってきた。

でもこのへんでやめにしておきます。

釣り人の自慢話くらいキリがないハナシはないんである。



*今日の写真は、サーモンのスダチドレッシングサラダ。スダチ、塩、ニンニクのすり下ろし少々、オリーブオイル黒胡椒。とにかく、シンプル。スダチの爽やかな酸味と香りが身上のサラダ。


| サラダとその親戚♪ | 00:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

釣り

お刺身をアレンジして食べるところが、
デコポンさんらしいですね!
すだちドレッシング、爽やかで良いですね~。

鮭を釣ったことがあるだなんて!
すごい!!外国はスケールが違うなぁ。
広くて雄大な土地と川、空の空気感が伝わってきました。
大きな川での釣りってしたことないけれど、
釣れたら楽しいんだろうなぁ。
気が短いので、釣れるまでの時間がもたなそうですが…。

| popoki | 2009/08/02 11:03 | URL | ≫ EDIT

> popoki さん

ダイブ前のことで記憶もちょっとあいまいです。
あの頃は、海岸に大きなカニを拾いににいったり、山にマツタケなども豊富で、自然が豊かに残っていましたが、最近ではどうなっているでしょうか。

今週末も天草につりに行きたかったのですが、
残念ながらいけませんでした。天草の美しい海に釣り糸をたらすと、いやなことなんかすぐ忘れられるのがいいですね。
たとえ釣れなくても自然のなかで、ひとときを過ごせると、
元気になります。

| デコポン | 2009/08/02 23:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/153-3aa2a050

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。