PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#220 長ネギマリネのバゲットのっけ

長ネギのマリネバゲットのせ


あるひとが、山に登ったのだが、天候が急変した。
濃い霧が山をすっぽりと包み、視界がまったくきかず、自分がどこにいるのかまったくわからなくなったらしい。

そのひとは、へたに動くとまずいと、一箇所にとどまって回復を待ったが、いっこうに濃い霧は晴れる気配はない。軽装で山に入ったので、一夜を明かす装備はない。このままここにとどまっても、命をおとしかねないなと、覚悟を決めた。

そのとき、あるひとに聞いた話を思い出した。

もし山の中で天候が悪くなって、帰る方向がわからなくなったら、大きな樹にむかって、真剣に祈りなさい。きっと助けてくれるから、という話だ。

その話を思い出した彼は、心の底から真剣にそばにあった巨樹にむかって、祈ったという。

突然、まったく視界のきかなかった濃い霧の一部が、さっと晴れて、一瞬、下山路がはっきり見えた。

彼はそれで、命拾いをしたという。これはある本に書いてあった話である。


森を歩くのは素敵だ。このあいだ登った山のふもとに広がっていたブナの森を思い出した。

長い歳月を年輪に刻んだ巨木は、そばにいるだけでほっとする。
巨樹がもつ深い洞察と受容が、自分の小さな器に流れ込んで、圧倒される。

目を閉じて、この一瞬を全身で味わう。風雪に耐えた幹も、広げた枝も、豊かに茂った緑の葉も、木々をわたる風も光もすべてが完璧だ、そんな思いが突然やってくる。その一瞬を巨樹として、生きる、感じる … 。

いかん、いかん、悟りを啓いちゃいそうだ。

ブッタが悟ったのも樹(菩提樹)の下だったっけ ...。


*今日はこのあいだの長ネギのマリネをカッテージチーズを塗ったバゲットにのせて食べる。これもいけるんである。

| パン関係♪ | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/177-5b80c7c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。