PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#222 燻製タマゴ

燻製タマゴ


一昨日の夜、晩御飯を終えたのは、10時近かった。
スーパーに残っていた、秋刀魚のお刺身を買い、素早く食事を済ます。

眠りについたのは、12時30分くらいだったかもしれない。

夜中の2時30分ころ、突然目が覚めた。
胃のあたりが、猛烈に不快なことに気づいた。不快にもほどがあるっていう感じだ。

突然吐き気がして、トイレに駆け込む。
吐き気は絶えずこみ上げてくるが、なにも出てこない。

胃のあたりの猛烈な痛みと、嘔吐の衝動が、同時に突き上げてきて、トイレの床に座り込む。そのまま、30分以上、吐き気と痛みに耐えながら、トイレに座り込んでいた。

持続していた胃の痛みが、やがて鈍く断続的な痛みになった。と同時に、手のひらが猛烈にむず痒くなった。しばらくすると、手首、肘のうちがわなどに痒みを覚えたと思ったら、そこここにジンマシンがぼこんぼこんと出現。これが、またむず痒い。

胃の痛みと痒みで、じっとしていられない。もちろん眠ることなど出来ない。

はて、これはなんだろう。
最初、秋刀魚とアニサキスは、全然結びつかなかった。生の鯖やイカを買うときには、神経質なので、ついつい注意深く料理するが、秋刀魚にアニサキスとは ...。

調べてみると、アニサキスという主に青魚にいる寄生虫が原因で引き起こされる症状そのものだ。アニサキスは、食べる餌によっては秋刀魚にもいることがあるのだという。それと、新鮮なうちに下ろせば、内臓にいるアニサキスで、お刺身は汚染されなかったろうが、魚が死んで時間が経つと、筋肉のほうに迷入してくるらしい。自分で下ろしたわけではないのでこの点は不明だが ...。

夜中に病院に駆け込むのもしゃくなので、夜が明けるまで、痛みに耐えた。夜が明けるころには胃はときどきひどく痛むが、おおむね落ち着き、鈍痛に変わった。全身の痒みもおさまり、ようやく、眠ることが出来た。もうくたくたである。

よく日の午前中、病院にいった。事情を話して、待合室で、しばらく待つ。
1時間くらい、待合室で待たされたが、胃腸科の専門医は、今日は予定が詰まっていて、内視鏡で虫をつまみだしてくれないことが判明。1時間も待たされて、それはなかろう、と普通ならおもうところだが、待合室で1時間、うとうと居眠りしながら休んだら、胃の痛みもかなり和らぎ、なんか元気になってきた。そのまま診察もせずに、仕事にもどる。自分の胃袋から虫がつまみ出されるところも見たかったけど … ちょっと残念。

なんだか大変な一晩だったなあ。噂には聞いていたアニサキス症、ほおっておいても人の胃腸に棲みつくことはなく2,3日で死んでしまうらしいので、痛みなどの症状がとれれば安心だ。

一寸法師のハナシを思い出した。鬼に飲み込まれた一寸法師が、胃の中で針を胃壁に突き刺して、鬼を降参させてしまうくだりである。アニサキスが苦し紛れに、胃壁にアタマを突っ込むために起きる胃の痛みも似たようにものだな。胃袋って、デリケートにできているのだ。

驚いたことに今日も食欲がない。これって自分的にはすごいことだ。でもこんなに辛いアニサキスダイエットだけはもうごめんである。

*今日の料理写真は、燻製タマゴである。だいぶ前に、燻製に凝っていたが、そのときのもの。なにしろ食欲がないので、料理もお休みなんである。

| 未分類 | 00:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おおおお・・・大変でしたねえ・・・。
すっごく苦しそうで、なんともドキドキしながら読み進みました。
オラ、いつか自分がアニサキスにやられるのではないかとちょっと恐怖症なんですよね。イカの塩辛作るのとか大好きなので・・・。ちなみに我が家での呼び名は「あにー」です(可愛すぎ?)
食中毒(それも納豆)はあるのですが、あにー未体験のオラとしては、心構えおさおさ怠りなく居ようと思います。
どうぞ、お大事になさってくださいね。

| はいむ | 2009/10/10 00:47 | URL | ≫ EDIT

> はいむさん

ありがとうございます。

生魚好き、特にサバ好きなので、こんな日もいつか来るかもとワタクシも恐れていました。まさか秋刀魚でアニーちゃんに襲われるとは思いませんでした。

人一倍胃腸が強く、胃が痛んだことはなくその場所すら普段は意識にのぼらなかったのですが、今回の一件で、胃袋の位置が痛いほどわかりました。痛みはじめてからの1時間くらいは、大げさでなく、相当痛かったです。

イカの塩辛、いいですね。ワタクシも大好物です。
でもしばらくは、ナマモノは食べる気がしないかもしれません(とかいっておいて、すぐまた食べ始めるような気もしますが ...)。

| デコポン | 2009/10/10 22:08 | URL | ≫ EDIT

アニキスちゃん

ひえぇ~~。
大変でしたね…。
噂には、アニサキスの大変さを聞いたことはありますが、身近にはいなかったので、リアルな感想(?)に引き込まれました。私は、ずっとアニサキスを「アニキス」だと思い込んでいて、心のなか「アニキスちゃん」と呼んでいました。
(はいむさん同様、なぜか”ちゃん”付け)

胃痛、辛いんですよね~。
でも、アニキスちゃんの引き起こす胃痛はハンパじゃないのでしょうね…。胃壁にアニキスちゃんがくっついているのを想像するだけで…コワイです~。
どうぞ、お大事に。。

| popoki | 2009/10/10 22:45 | URL | ≫ EDIT

> popoki さん

おお、アニキスちゃんですか。
いろいろな愛称があるということは、いかにみんなに愛されているか(恐れられているか)ということですね。「ちゃん」づけだし。
胃の痛みの最大値は、おそらく今までの人生で「痛み」の最大級だったと思います。激しい吐き気とジンマシンのかゆみが同時にやってくるので、吐きたいのか、胃が痛いのか、全身がかゆいのか、わけがわらず、どうかなっちゃうんじゃないかとおもいました。スパイの拷問だったら、いらんことまで洗いざらい白状していたとおもいます。
くわばら、くわばら(←死語でしょうか)。

| デコポン | 2009/10/10 23:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/179-e14aef2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。