PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#245 牡蠣のカルパッチョ風

牡蠣のカルパッチョ風


生牡蠣を食べる。

洗った牡蠣の水気をペーパータオルでさっと拭って、牡蠣にちょっと強めの粗塩をのせて、少しだけ上等なバルサミコ酢とオリーブオイルをさっとかけ回しただけだ。

酸っぱめが好きならこれにレモンをちょいと絞る。牡蠣の甘みがぐっと増して、旨味が広がる。

干し柿もおいしかったけれど(前々回)、真冬の真打ちはやはり生牡蠣である。


さて、首都圏に暮らすようになって、早朝の通勤電車に乗るようになった。

それでついつい他人の寝顔を見てしまう機会が多くなった。いやべつに見なくてもいいんですが、珍しくてじっくり観察してしまう。

このあいだ眉間に深いシワをよせて苦しそうな顔をして眠っているひとがいた。本人はそう苦しくないのかもしれないけれど、見ていてはらはらした。苦悶している寝顔って、迫力あるなあ。

一晩中シワを寄せて寝ていたらシワがもとに戻らなくなるのではと余計な心配をしてしまった。深いシワがどうして刻まれていくのかが、わかったような気がした。

どうでしょ、ワタクシも眉間にシワを寄せて眠っているのかな。いや最近のシワの感じからすると目尻に笑いジワを寄せて眠っている可能性は高い。笑った顔で眠るやつ、それはそれでコワいわい。

| 未分類 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/204-8b8f5669

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。