PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#247 ゴルゴンゾーラのパスタ

RIMG1468.jpg


ま、ゴルゴンゾーラを買うと、塩辛いということもあるが、とても一回では使い切れない。リゾットを作れば、次はパスタということになる。

いつもは、ニンニクの微塵切りをオリーブオイルで炒めたところに、大豆の生クリームを注ぎ、チーズをそこに加えて、煮詰める。そこに湯切りしたパスタに加え、黒胡椒をひく。塩味が足りないようなら塩を少々ふって完成なのだが、今回は生クリームをきらしているので、ゴルゴンゾーラとオリーブオイルのみ。やはり、味に丸みとコクが足らないか ...。

有機全粒パスタなので麺は濃いめの色。あっというまに夕食終了。


つい最近、地方から首都圏に引っ越してきたので、逆なのだが、人の流れはやがて都市から田園、カントリーサイドに流れ始めるのではないかと常々思ってきた。それは20年後なのか50年後なのかはわからないが、必ずそうなると妙な確信をもっている。

今でも、田舎暮らしに憧れて、移り住む人はいるが、まだまだ数はすくない。ネット環境がいくら整ってもしばらくは、人の流れが劇的に変わることはなさそうだ。

なにが本質的に欠けているのだろう。カントリーサイドが、人を引きつけるためになにが必要か。おそらく、それは仕事となる農業だ。農業が劇的に変化しなければ、人を惹き付けることはできないだろう。でも農業がどんなふうに変わる必要があるのかは皆目見当がつかなかった。

先日、偶然寄った本屋でなにげなく平積みされていた本を1冊買った。木村秋則氏の著作である。次の日、彼について描かれた別の本を買いに走った。じつは木村さんは昨年NHKのプロフェッショナルでも取り上げられたことがあるらしいが、その回は見逃していた。

青森県でリンゴ農家をしている方だが、凄まじい苦労の末に無農薬、自然栽培でリンゴを実らせ、出荷に成功したひとだ。そのやり方は、徹底して自然を観察することから始まる。

作物に過度に肥料をやらない。土壌の微生物環境に細心の注意を払い、作物を組み合わせて、害虫被害を小さくする。通常の農薬を使う栽培方法とも有機栽培とも考え方がまるで違う。そして、そのやり方はリンゴだけではなく、米や野菜でも効果を上げている。最近では世界中を飛び回って農業指導をしているらしい。

まず、その朴訥とした人柄が最高である。笑顔が絶えない、読んでいてわくわくする。津軽弁が、ものすごくかっこ良く聞こえる。木村さんの人格抜きには、語れないことも多いが、そのスタンスや生き方には、強烈な魅力がある。

農業という世界にも地殻変動が起き始めているのである。新しい考え方とカリスマ性をもった指導者が必要とされていて、そういうひとが注目され始めている。人々が生き生きと取り組めるような農業があるなら、若者も惹き付けるだろう。

時代が変化するというのは、木村さんのようなひとが、あらゆる分野で出現し、変化が同時進行的におきることが必要だ。農業が最高にかっこいい職種に変わる時代が実はもうすぐそこまできているのかもしれない。

1 「リンゴが教えてくれたこと」 木村秋則 日経プレミア新書
2 「奇跡のリンゴ 絶対不可能を覆した農家木村秋則の記録」 石川 拓治 幻冬舎
3 「すべては宇宙の采配」 木村秋則 幻冬舎

| パスタ関係♪ | 09:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

農業!

プロフェッショナル木村さんの回、確か観ていました。
と思ったのですが、よく思い出してみると、私が観たのは「酪農」の人だったような。
そう、農業、酪農、漁業。どれも、私が憧れてきた職業のひとつです。
ただ、いちから始めるのは資金がかかる職業なのですよね。始めたいと思う若者がいても、一からのスタートが難しいという現実にぶつかって諦めていく人も多いのでしょうね。その一方で、後継ぎがいないという問題も。
なんて、レンタル畑もほったらかしの私が言っていても、全然説得力ないんですけれど(笑)。
今年は、春になったら、畑楽しもうと思っています!
デコポンさんも、よかったらご参加くださいね~!

| popoki | 2010/02/07 18:33 | URL | ≫ EDIT

> popoki さん

こんばんは。
ワタクシ、「酪農」の人の回も見逃してます。残念!
やりたいとおもってもいろいろ
困難があるんですね。やりたいひとが一方にいて、
後継者難という問題もある。なんだかギクシャクしてますね。

木村さんが主張する無農薬はいわゆる有機栽培ともちがうのです。
そのへんが私には新鮮でした。

もっとも、木村さんは、ほかにも龍をみたり(他の人も見ている)、
UFOを目撃したり(住んでいる家はUFOの通り道らしく、
家族も見ている)、自分のりんご園で宇宙人に遭ったり(これは本人のみ)、あげくはUFOに拉致されたり(これは本人のみ)
疑似臨死体験をされたり(これも本人のみ)、べつな方面でも
興味深いかたなんです。

レンタル畑、いいですね。ぜひ誘ってください。
お茶とおにぎり持参で、お手伝いにいきます。

| デコポン | 2010/02/07 22:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/206-b2a3d8a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。