PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#269 野沢菜ちりめんチャーハン

チャーハン


残った野菜は、だいたい「週末サラダ」にすることが多いが、今日は、チャーハンにしよ。 生姜、残っているタマネギ、にんじん、エリンギを小さなサイの目にする。

冷凍ご飯をレンジで温めておいて、生姜をサラダオイルで炒めて香りが立ったら、刻んだ野菜を加える。

火が通ったら、温めたご飯をいれる。水分が飛んでぱらりとしたら今日の味の決め手である野沢菜ちりめんを、多めかなとおもうくらい加える。白ごまは、野沢菜ちりめんにも入っているのだが、好みで大量追加する。

塩分は、野沢菜ちりめんのみ。こりゃ好きなチャーハンだな。油は最初の生姜を炒めたときのわずかな量。焦げ付かないように弱火でつくる。塩分が足らないときはお醤油を最後にたらす。

野沢菜チャーハンもあるし、チャーハンにちりめんをいれるのもありなので、うまいのは当然とはいえ、期待以上のおいしいさ。野沢菜ちりめんは今週の冷蔵庫の残り物だったので、こんなときの感動はごましおである。いやいや、ごましおじゃねえよ、ひとしおでおじゃる。

「ひとしお?」

気になって語源をしらべてみる。

ひとしお(一入)
「ひとしお(ほ)」は、「一入」とかく。布を藍で染める際の染めの回数からきている。布を一回浸すごとに染めの色が濃く美しくなる。喜びや感慨を、染めものの美しさがより深くなっていく様子になぞらえた言葉。 

ほう、そうか。知らなかった。

で、隊長に「ひとしお、って知ってる?」とふってみる。

「一入ってかくやつ?」

「えー!知ってるの?」

じょ、じょ、じょ、常識だったのかあ!知らなかったのはワタクシだけか。

思わずその場にひれ伏してしまった。

| 未分類 | 11:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

知らなかった~

「一入」わたしも知りませんでした~。
かってに、「一塩」だと思っていました。
ためになりました!

野沢菜チャーハン、美味しそうです。
上にのった海苔がまた良いですね~。
夏になると食べたくなる「梅干しジャコチャーハン」が急に食べたくなってしまいました。
お肉を使わないチャーハンは、
さっぱりしていて良いですよね~。

| popoki | 2010/04/29 19:03 | URL | ≫ EDIT

わたくしも・・・

知りませんでしたよ!
私の場合は、「もちろん知りません。」というレベルです。
「一入」ホントだ!変換すると出てくる!
私は、「一塩」でもなく、「一潮」かと想像しましたよ。(汗)
さらにウマサの波が押し寄せるのかと・・・・。
ウマサのうず潮に巻き込まれるのかと・・・・。

チャーハン、美味しそうです。好きです、チャーハン。
外で食べるチャーハンよりも、家で作るチャーハンの方が
美味しいと感じるのは私だけでしょうか?

| ミルク | 2010/04/30 10:29 | URL |

> popoki さん

そうなんですね。
おふたりともしらなかったということは、
ひれ伏す必要はなかったのか、
つい、うっかりその場でひれ伏してしまいました。
堂々としていてよかったのか。

梅干しじゃこチャーハンも酸味がアクセントになって
しみじみおいしそうですね。じゃこっていいですね。
油でちょっと揚げたじゃこチップをサラダに
入れるのも大好きですし、ちりめん山椒も
最高ですね(最近よくやる)。

| デコポン | 2010/04/30 21:18 | URL | ≫ EDIT

> ミルクさん

たしかにウマサの波が押し寄せ、
ウマサの渦潮に巻き込まれたカンジです。
さっぱりした和風チャーハンもたまには
いいものですね。ちょっと固めの飯粒を
ぎゅっと噛み締めるカンジのチャーハン
が個人的には好みなんです。

ワタクシもじぶんでつくる、さっぱり系の
チャーハンのほうが、好きかもしれません。
というか、強火で仕上げるプロの料理とは、
別物なんでしょうね。

| デコポン | 2010/04/30 21:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/230-b124695f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。