PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#339 前菜プレート

野菜の前菜


そこは、海をのぞむ海岸沿いにあった。

なめらかで光沢のある花崗岩の背の高い岩山を螺旋状に道が巻きついていて、その道沿いには山に背をむけて家が並んでいる。だからどの家のバルコニーからも、海が見えるはずだ。

彼は、ゆっくり螺旋に巻いた道を登っていった。この岩山はひとつの大きな塊なのだ。だから継ぎ目も割れ目もない。光沢のある石の道に人気はない。

ガラス窓の大きな家が道の山側にならんでいるので、道の反対側は、きれいに切り立った崖になる。だから見晴らしは抜群だ。静かな海が午後の日差しにきらきら輝いている。

彼は坂の途中に木造のカフェがあることに気づいた。

入ってみると店内は清潔で、食事もできることがわかる。カウンターで大ぶりの丼を手渡してもらう。左手にひとのいないテーブルがある。椅子はないのだが、その奥にはシングルベットが置いてあり、そこに腰をかけることができる。

そこに座って彼は改めて丼を見た。白いご飯の上にはなにかが載っている。天ぷらでもマグロの切り身でもない。モンキーバナナ大の灰白色のデバネズミが横たわっている。そしていつのまにか、体長10センチほどの褐色のナナフシに似た虫がご飯にアタマをつっこんで白米をもそもそとたべている。ナナフシは2匹いる。

驚いた彼は、思わず立ち上がる。なぜかテーブルの上にペンチがあることに気づいた。そのペンチでナナフシの足をつかんで、丼から引き離した。ペンチで挟まれたナナフシは、暴れ始める。

うわっ、声をあげてペンチを思わずすてると、はさまれたままナナフシは床におちて、その拍子にペンチの重さで潰れてしまう。

うわっ。

もう一匹はまだ丼の白米にアタマを突っ込んだまま動きつづけている。死んでいるとばかり思っていたデバネズミも、なにやら動き始めた。

う、うわああああああああ ...

<夢の解釈>
理想的な立場、居心地のよい環境(眺めのよいカフェ)を手に入れたと思う。そして与えられたミッション(丼)に取り組もうとすると、それはすでにバグだらけで、使える(食べられる)と思っていたもの(デバネズミ)の実態は、醜悪で、とても使えるものではないことがわかる。もしこれが予知夢とすると、そんなことが将来起きるのか。それともすでに起きている現実を象徴しているのか。うーん。

今夜はいい夢みるぞお!えい、えい、おー!(張り切ったからといって夢見がよくなるとは限らないわな)

| 未分類 | 22:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

久々の!

久しぶりの夢日記ですね~。
見たあとの分析が、デコポンさんらしいですね。
わたしは、おやすみ3秒、起きる直前まで爆睡型ですので、夢をあまり見ない(覚えていない)ので、デコポンさんやミルクさんはスゴイなぁ~と。(疲れそうですが)

今夜は、良い夢を~~♪
久々に涼しい夜ですし、ね!

| popoki | 2011/08/19 18:49 | URL | ≫ EDIT

> popoki さん

おはようございます。
ははは、こういうのを悪夢というのでしょうね。
デバネズミは思ってもいなかった動物です。
たしかアフリカにいる毛がない出っ歯のネズミで地中に
棲んでいたはずが、なぜ夢にでてきたんでしょう。
一昨日は、明け方暑くて寝苦しかったのも関係しているかも
しれません。今朝は、ひんやりした風が窓から吹いてきて、
目が覚めました。涼しいなあを思うのは、久しぶりですね。

| デコポン | 2011/08/20 07:32 | URL | ≫ EDIT

あのー・・・

デコポンおじさんおはようございます!

思わず人生はじめて聞いたナナフシを画像検索してしまった…
出だしが休日の朝にふさわしい素敵な光景描写だったので読み進めていたらまさかの夢オチ、っていうか悪夢オチ。

ちょっと心配してしまいましたー

楽しいことを一緒にするくらいしかできませんがまた遊びにいったりしようね。
あ、涼しくなってきたからジョギングもいいかもv-354

| fumi | 2011/08/20 09:27 | URL |

> fumi ちゃん

おはようございます。
ご心配かけました。
夢はよく見ますが、今回生々しく記憶に残ったのは、
ちょっとグロテスクなドンブリのせいだと思います。
意識は自覚できるのはほんのわずかで、
無意識という普段じぶんが知覚できない深い実体が
あるというのは、夢を観ると本当だなあっと
思います。その無意識からときおり、浮かび上がってくる
深海からの泡のような夢の切れ端をつなぎあわせると、
無意識下の自分を理解するための手がかりになるのかもしれませんね。

涼しくなったし、川風に吹かれて、ジョギングもいいですね。
時間をみつけて、ぜひ遊びにきてください。

| デコポン | 2011/08/21 11:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/303-13f5b279

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。