PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#371 揚げの炊いたん

焼き揚げ


死後の存在を否定する考え方というのは、人類の長い歴史ではごくごく最近のもので、合理主義、経験主義が唱えられ、同時に近代科学が物質を基盤とした世界観を提示してからのことだ。

もちろんそれ以前のキリスト教的な来世イメージは、宗教色に偏ったお仕着せのあの世に過ぎなかった。だからキリスト教の来世信仰からひとびとを解放したともいえる。

神は死んだ。生命は物質を基盤に生まれ、そして死ぬ。それ以上のものはそこにはない。

ま、宗教的なあの世を信じるのは、個人の責任でやってもらいたい、というのが物質科学をヨリドコロとする現在の考え方だ。

そこにホコロビができたのは、何人かの精神科医の報告のおかげである。

エリザベス=キュープラー=ロスは、スイス生まれの米国の精神科医だが、死に臨むひとたちの観察から、肉体から離れた実在、死後の存在を主張し始めた。

それと同時期にやはり臨死体験をしたひとからの報告をもとに死後の存在にアプローチしたのが、レイモンド=ムーディである。エリザベスキュープラーロスは2004年に亡くなったが、レイモンド=ムーディは存命である。

ムーディは、最初の著書「かいま見た死後の世界」で、臨死体験者の体験談についての調査結果を発表した後、続く著書では、あの世の存在とのコミュニケーションをとるための「古くて新しい方法」について述べている。

この方法を使って、すでに亡くなっている近親者や友人と対話することができることを発見したのである。

古くて新しいあの世とのコンタクトの方法とは、「鏡」を使って人間の意識を、変性意識と呼ばれる状態に誘導することによって行われる。日頃われわれの意識は、この世に強く縛りつけられている。だから物質を基盤としない存在である死者を感知することはできない。

ところが、変性意識を誘導することで、あの世に意識を向けることができるのである。それは古代ギリシア、デルフォイの神殿で神託を受け取るために巫女が光る水盤を見つめることでトランス状態になったり、古代南米アンデスで神官が、光る湖面を見つめて神とコンタクトした方法に似ている。

だが亡くなったひととのコンタクトは、被験者の個人的体験であり、主観にすぎない。科学に必要な再現性や物質的な基盤がないために、それを「科学的」に実証することができないが、数千人の被験者を対象に調査を積み重ねてきた。

こんなふうにいわれても簡単には信じられないが、ワタクシ、「エリザベス=キュープラー=ロスとレイモンド=ムーディの言うことに偽りなし」を標榜しているので、信じざるを得ないのである。

最近、ムーディの新しい翻訳本がでた。これがまたおもしろいのである …


<以下次回>


*写真は、油揚げを醤油と出汁でさっと炊いたもの。大根おろしをのせて一味トウガラシを振る。こんなん好きやわ~。



| あやしい話♪♪ | 09:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

マリリンに会いたい

モンロー研究所を、デコポン大王と一緒に探しにいって見つからなかったのもきっと、何かの啓示だったのだろうといまでは思います。あの時は、「この詐欺師が!」と心の中で毒づいた自分も、いまではすっかりあの世を信じる、いい感じに脱力したおじさんになっています。年を取ることが悪いことばかりではないと最近しみじみ思います。

| トイレット博士 | 2012/06/20 10:05 | URL |

>トイレット博士さん

コメントありがとうございます。
さようですな。懐かしいですね。
でも、あそこの小さな横道を入ると、研究所があったんです。
地図によると、相当人家から離れてましたから。
「あの世があるのは、常識。先週も死んだおじいちゃんが、遊びにきたわ」
てな会話をする時代がくるのももうすぐだとおもいますヨ。

| デコポン | 2012/06/23 00:25 | URL | ≫ EDIT

不便

便利な世の中になりました。今ではグーグルで、ピンポイントで建物の立体像まで見れたり、歩く道まで風景込みで見れたりします。だから、上述のようなことは今ではやろうと思ってもできないだろうなと思います。もちろんそれはいいことであって、それのどこが悪いのと言われると、別に悪くはないのですけど..と答えるしかないです。でも、獣道をこれ以上進むかどうかをデコポン大王と悩んだ上で撤退したという風景が、今でも生々しくの脳裏に浮かんでくるのです。決して色あせないその時の風の匂いや草のざわめく音とともに。悩みながら決断したことは、記憶のより深いところに刻み込まれるのだと思います。それがなくなると思うとちょいもったいない感がしてなりません。便利とトレードオフするのはちょっとどうなのよと思ったりする今日この頃です。年取ったのかなあ。

| トイレット博士 | 2012/06/25 01:17 | URL |

>トイレット博士

ご返事がおくれました。
そうですね。便利になっただけ、
失うものも多いのかもしれませんね。
ここの所、あらゆることが
ものすごい勢いで変化する時代なので、
色褪せたり、陳腐化するのも早いですね。
見知らぬ異国の地で、道に迷ったりするのは、
あんがいいい思い出になっているようで、
うれしゅうござんす。

| デコポン | 2012/07/14 00:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/338-7df88c18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。