PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#107 粒あんトースト

小倉トースト

林望という作家がいる。
もともと書誌学者で、留学先のイギリスについて「イギリスはおいしい」というエッセーを書いたことでも知られている。文面からもコダワリのヒトであり、ひとことありそうで、いい加減なワタクシの対極におられるかたなのである。特に料理にうるさい食いしん坊である。いや失礼、食文化に造詣が深い。

以前読んだエッセーのくだりに「虎屋」の練りきりのはなしがでてくる。リンボウ先生はあんこ系の和菓子が大好きらしく「虎屋」の練りきりを激賞しておられた。練りきりというのは、白あんに 求肥(ぎゅうひ)などを混ぜて練った和菓子である。

そのほめかたが粘着質で、いや失礼、表現もことこまかで臨場感にあふれ、そのエッセーを読み終わると辛党のひとでも思わず宗旨替えしそうなほどなのである。極めつきの食べ方として練りきりをパンに塗って食べるとこれが絶品であるというようなことも書かれていたのを思い出した。

粒あんの缶詰をあけて料理をつくると余ってしまうことが多い。そこで、粒あんトーストである。深夜まで仕事をしていると(大変めずらしいことであるが)、ココロはブルーである。なにかここで起爆剤といいますか、ややうつむきかげんの気持ちをぐいっと盛り上げるモノが欲しい。深夜モノを食べるのはご法度ということは、健康オタクとして百も承知、でも残り物を処置するのに昼も夜もなかろう、何がわるい。

なんだか無理やりな論理が脳裏をかすめ、ここはいっときますかということになる。ココロは逸る、逸る。いそいそとパンを焼き始める。バターをうすく塗り、そこへ甘いあずきを丁寧に伸ばす、もう一枚のトーストを重ね、切り分けるとできあがりでおじゃる。

もし日本あんこ党という政党があれば、政策問わず毎回まちがいなく投票しているはずである。

| パン関係♪ | 09:21 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あんこ~

あんこ椿は~♪
読みながら、都はるみを口ずさんでしまいました。

パンにあんこ、結構イケますよねぇ。
バターを薄く塗るというのはミソのような気がします。
実家の方で人気のパン屋さんの一押しは「あんバタコッペ」でした。なぜか、プールの思い出とつながっていまして、懐かしい気持ちになります。
(プールの売店でよく買って食べていたから)
久し振りに、あんバタコッペが食べたくなりました。

| popoki | 2008/11/15 10:55 | URL | ≫ EDIT

餡子プラス ...

都はるみ、いいですねえ。

そうですね。バターを塗ると、いっそうおいしくなりますね。子供の頃は、バターにイチゴジャムという組み合わせも好きでした。うーんどちらもカロリー的には、なかなかヘヴィな組み合わせですね。

プールの帰りは、お腹ぺこぺこで何を食べてもおいしかったような記憶がありますが、コッペパンにバター&餡という組み合わせは、なんだか郷愁をかきたてますね。ワタクシは、プールの帰り道、かちんかちんのソーダアイスキャンデーをかじりながら帰ったような記憶があります。

このへんは、都はるみというより井上陽水「少年時代」という感じですかね。

| デコポン | 2008/11/15 23:02 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです!ここでリンボウ先生の話題が(^^)
オラのイギリス好きを加熱させるのにピッタリのエッセイがいっぱいなんですよね、彼・・・。
彼の場合、トーストにあんことマヨネーズの「あんこまパン」が最大のお薦めなんですよ。
デコポンさんもお試しになっては?ワタクシはまだなんですけど(あはは)
しかし、彼の文章はほんとに・・・粘着、いえ食いしん、いえ凝り性、いえ、面白いですよね。

| はいむ | 2008/11/16 18:11 | URL | ≫ EDIT

あんこま

こんにちは、コメントありがとうございます。

じつはリンボウ先生のエッセイをよんだのは数年前で、記憶があいまいでした。マヨネーズでしたか。バターだったような気がして、確かめようと本棚を探したのですが、このくだりが書いてあるエッセイが、どうしてもみつかりませんでした。「あんこま」という言葉に記憶にあるような気がしてきました。さすが、イギリスがお好きなはいむさんですね。今度は是非マヨネーズでいってみます。

ワタクシはイギリスにはいったことがないのですが、リンボウ先生の本はイギリスのある側面が、いきいきと伝わってきます。初期のエッセイはとってもいいですね。ワタクシも大好きです。マック教徒(Macintosh computer が好きなひと)であるところも好きです。

ちょっと前に読んだリンボウ先生の本は、料理本です。
食いしん、いえ料理を自らされるリンボウ先生も高脂肪食の取りすぎで、一時体調がおもわしくなかったらしく「リンボウ先生の〈超〉低脂肪お料理帖」がでてそれを図書館から借りて読みました。これがめちゃめちゃ低脂肪の料理本で以前との落差がとても興味深かったですし、こだわりとか、薀蓄てんこ盛りの雰囲気は変らず、リンボウ節が健在でちょっとうれしかったです。

| デコポン | 2008/11/16 23:44 | URL | ≫ EDIT

あんこ大好き!

初めてコメントします。

あんこ絡みのネタでがまんできませんでした。
柏屋の薄皮まんじゅう(15個入り)を一日で1箱全部食べた逸話をもっています。
この時期は中村屋のあんまんが恋しいです。
残業のときあんぱんばっかり買って食べているので同僚がややヒキ気味です。

日本あんこ党があるならば、毎回投票するどころか、
選挙活動へのボランティア参加を献身的に行い、頼まれればややハスキーかもしれませんがウグイス嬢もします。

ところでこのトーストはいいね!やってみようv-7
あんことパンが出会った奇跡に感謝e-460

| fumi | 2008/11/18 21:27 | URL |

コメントありがとう

コメントありがとうございます。元気でしたか。また今度、市川のワインバーに飲みにいきましょう。

初登場ですね。そうそうあんこ大好きでしたね。
薄皮饅頭15個入りを一日で食べるとは、「あんこ道」黒帯4段くらいの実力がありそうですね(ちなみにワタクシはまだまだ有段者ではありません ... )。

結局あんぱんがおいしいのだから、パンとあんこって相性が抜群なんですよね。お米やもち米ともいいのは、おはぎやお汁粉がおいしいのだから、当然ですしね。

おはぎもいいですね。そのうち、おはぎも作ろうと思っていますが、2年前につくったきりしばらく作っていません。機会があれば、満腹という限界に挑戦して...、いかんいかん「デブ特」が取り締まりにやってきそうです。

| デコポン | 2008/11/18 21:52 | URL | ≫ EDIT

初めてコメントします

はじめましてです。お邪魔します。
小倉あんトーストで有名な名古屋人としては見逃せないブログですね。
名古屋の喫茶店ではテーブルに砂糖がおいてあるように
小倉あんが置いてあるところもあるのです。
はい。まさに塗り放題。パンには薄くバターが塗られて
やってきます。あ~、食べたくなってきた。
週末さっそく喫茶店でモーニングしようと思います。コーヒー代のみで小倉トースト食べてきます!

| pomo | 2008/11/18 22:23 | URL |

ようこそ、おいでくださいました

ようこそ、おいでくださいました。
コメントありがとうございます。

そうなんですか。
名古屋の方には小倉あんトーストはもうおなじみなんですね。

モーニングに小倉トーストですか。あんこ好きにはたまらない風土ですね。あんこが、喫茶店の砂糖やカレーやの福神漬け、すし屋のガリと同じ扱いとは、どういう経緯でそのような食文化というか風習というか、そういった扱いになっちゃったんでしょうか。

今度名古屋に行く折にはぜひ名古屋モーニング体験をしてみたいものです。名古屋出張の楽しみがひとつ増えました、っていつになるかわかりませんが。

| デコポン | 2008/11/19 23:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/58-cbe36b82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。