PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#111 韓国風汁なし麺

韓国風汁なし麺

とんこつ文化圏に長く住んでいると、麺のバラエティといいますか、多様な麺文化から隔絶されてしまう。しかし最近、生ラーメンをスーパーで買いこみ、秘かに醤油ラーメンを楽しんでいるとだんだんそれだけじゃ満足できなくなる。じゃあ今度は味噌味でとか、塩ラーメンもなかなかいいとか楽しみはどんどんひろがり収拾がつかなくなってきた。

図に乗って、そういえば、中華麺で韓国風の肉味噌味汁なしの麺ってどっかでみたことがあるが、あれをつくろうっと思いついた。以前作ったことがあるのだが、久しぶりに食べたくなった。料理の名前はじゃじゃ麺だったかなあ、名称を確認するため、「じゃじゃ麺」を入力して、ググってみる。

あれれ、「盛岡じゃじゃ麺」が最初にアップされる。タレは肉味噌味だが、麺はうどんだ。はて …。ちょっとちがうな。ようするにワタクシのたべたいものは、「韓国風汁なし麺」なのである。もっと詳しく言うと、

「中華麺にひき肉いりコチュジャンベース辛味噌ダレがからみ、長ネギがそれに輪をかけてからんでいる状態(ただしひき肉の量は控えめ、メンマもあればよろしく、ゴマの風味ありでお願いしたい)」

である。

外食でたべたことはないのだが、いかにもありそうである。ま、いままで食べた経験としては、自分で一度それらしいものを作って食べただけである。そのときは、どこかで見た記憶をたよりにつくったので、もちろん本物とはだいぶちがうにちがいない。今晩は余裕もあり、せっかくなので、正統なレシピをチラ見したいと思ったのだが …。

だが、こと料理に関しては、唯一正しいものなどこの世にはない。うまいと思える料理、それがいつも自分にとっての正解である。エラそうなことは、いついかなるときもスラスラいえる。口が達者で、自分でもおそろしいくらいだ。

ひき肉とニンニクを炒め、コチュジャン、豆板醤、味噌少々、キビ砂糖、日本酒、長ネギ。練り胡麻入れ、ついでにすりゴマも入れた。コチュジャンなどの調味料を日本酒でのばしつつ、長ネギを投入、時をおかずに茹でた中華麺を入れてすばやくタレをからめる。メンマはないのでかんべんしてもらって、えーい、完成だァ。いきおいだけはだれにも負けないぜって、なんでそこで意味なく気張るんじゃあ。

| イケ麺類♪ | 00:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コチジャン

どんなお料理もコチジャンを入れるだけで、
韓国料理になりますよね~。
汁なし麺って、焼きそばしか浮かびませんでした。発想が乏しくてスミマセン。
デコポンさんのお料理は、創作・工夫がいっぱいで見てるだけでも楽しいです。

| popoki | 2008/12/14 10:58 | URL | ≫ EDIT

パスタ韓国バージョン

そうですね。
コチュジャンがないとおそらくおいしくならないと思います。イメージとしては、パスタの韓国料理版みたいなかんじです。

最初ちゃんぽん用の麺でつくってみましたが、いまひとつでしたので、焼きそば用の麺で、つくってみました(ラーメン用の麺は麺だけではうられていなかったので)。麺の茹でかげんは、麺かためがいいとおもいます。多少調味料の分量がちがってもけっこうおいしくなります。さいごにごま油をすこしかけるのが好みです。

| デコポン | 2008/12/14 16:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/62-51471c05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。