PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#117 海老そば

エビそば

日本人はおしなべてエビ好きである。エビちゃんの苗字が蛯原ではなく、多胡で、タコちゃんだったらこれほどの人気を獲得できたかどうかはおおいに疑問だ。

ドイツに「宇宙英雄ペリーローダン」というとんでもなく長いSF小説がある。ワタクシも高校生の頃ハヤカワ文庫から刊行された第1巻から20巻くらいまではお付き合いしたが、挫折した。いまでもそのシリーズは複数の作家によって書きつがれ、現在344巻まで刊行されているそうだ。日本の長編で名高い小説「大菩薩峠」など足元にもおよばない。

その小説にはタコカクタという日本人が登場するのだが、さすがにドイツ人小説家である。当時、この名前を読んで、日本人の名前としては、むちゃくちゃだなあと思ったものだ。でも漢字にすると「多胡覚太」とでも書くのだろうか。実際にそういう名前の人が、いそうな気もする。

さて、タコじゃなくてエビである。今晩はなにかこう、高級な感じの食材に身も心もおまかせしたいっ、という気持ちになったのである。そこでエビである。「エビそば」って、語感がいいな、今晩はこれにしよ、っというわけで、最近凝っているしょう油味の生ラーメンの上に青梗菜とエビのあんかけを載せた。

奮発して、大きめのエビをど~んとのせて、

ええい、さがりおれ、ひかえい、頭が高~い、
ここにおわすは、畏れ多くもさきの副将軍、水戸光圀公の大好物の「エビそば」なるぞ。

ちょっといばってみる。

ちなみに、ご老公が「エビそば」が好きかどうかは不明である。

| イケ麺類♪ | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/68-60e58f34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。