PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#118 マグロのかま焼き

まぐろ焼き

「他人が何を考えているのかを考えなくても、不幸せにはならないが、自分が何を考えているのか注意していないと必ず不幸になる」といったのはローマ帝国の五賢帝のひとりマルクス=アウレリウスだったと思う。

「24時間上機嫌」を座右の銘にしているワタクシだが、ときどきさすがのハイテンションもダウンすることがある。

仕事は、人間を相手にしているわけではないが、それだけに責任はほとんど自分にある。だが思うように結果が出ない、それも小さなことがちょっと積み上がると、「あれれ、ひょっとして、いま気分はおちこんでいるかな ... 」という状態になることがある。突然、すとんとテンションが落ちているのに気がつく。

だんだん落ち込むのではなく、突然エアポケットにつかまる。小さな失敗が積み重なると、自信をもって次の決断を下せなくなり、失速、落下する。

うまく結果がでないことが、想定内で、「これでうまくいかないということは、選択肢がひとつ消えたことになるのだから、慌てなくても大丈夫」というふうにいつもの安全弁が機能しなくなる。

仕事を同時に複数動かしているときには、とくに気をつけないといけない。複数の決断を自信をもってできないと、心はパニックになりやすい。

そんなときは、なるべくうまくいくもの、小さなことに集中して、結果をだして、自信をとりもどすことが大切だ。急がない、焦らない、他人(あるいは絶好調のときの自分)と今の自分を比べない。

心は小さく縮んで、硬くなり、呼吸も浅く速い。なにかしなければという衝動は突き上げてくるが、何をすべきかきめられない。

立ち止まる。目を閉じて、温かい光をイメージしながら、深い静かな呼吸をする。外界の事象は、なにものも自分の心を浸食することはない。自分の心、自分の気分は、自分が決める。静かにそう決める。

両手を一杯に広げて、大きな伸びをする。

身体を伸ばすと、心も不思議にのびやかになる。

| あやしい話♪♪ | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/69-f8eee161

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。