PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#125 白えびのかき揚げ

白エビのかき揚げ


残った白えびを引き続きかき揚げにした。

発泡酒に薄力粉を溶いたところに、玉ねぎの薄切り、ニンジンをピーラーで薄く削いで加え、油で揚げる。高温の油で揚げたものは健康によろしくないという理由であまりつくることはなかったのだが、ここ最近、どうしたことか食欲の甘いささやきに負けて肥満への道をまい進中である。

かき揚げには桜えびがよく似合う。かき揚げに赤く色づいた桜えびは美しい。サクっと、歯ごたえがいいなあ。まあ、白えびでもよかろう。

だが白えびは少々大きすぎた。揚げているときから、ごつごつしていてちょっといやな予感がよぎる。

わーい、揚げたてができたぞお。大根おろしをたっぷりめにいれた天つゆに浸して、食べる。サクっとはいかずに、どちらかというと「バリバリ」、「メリメリ」っというような感じで食べ進む。

うむ、うむ、なかなかうま ... うっ、口の中に鋭い痛みが走る。

もっとよく時間をかけて揚げればよかったのだが、急いだために白えびの口吻や触覚はまだ硬かった。歯茎に白えびの口吻の破片やら足がささり、痛いの何の。

今日の教訓は次のとおり、
「白えびのかき揚げは、カリカリに揚げるべし」

| てんぷらの仲間♪ | 02:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuumeshibanzai.blog61.fc2.com/tb.php/76-1b22cc2a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。