≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#362 大根の梅肉あえ

大根梅肉和え

モノゴトを理解する場合、なにをよりどころとして考えるかということがとても大切である。学問体系というのは、いろんなものが相互に積み重なっているので、根本の前提をひっくり返すには時間がかかる。

たとえば、エジプトのギザにあるピラミッド。とくにもっとも巨大なピラミッドは興味が尽きない。

大ピラミッドは、古王国時代第4王朝のファラオ(王)クフによって建造されたとされている。高さが147メートル、1辺の長さが230メートル、四角錐で、傾斜角度が52度。使われている石の数はおよそ300万個と言われている。1日100個ずつ積んでも80年はかかってしまう。それだけではなく、その基礎となる礎石も精密に敷き詰められていて、その総ての工事に必要な労働力と高度な技術は、とても一代のファラオの時代でできる芸当とは思えない。ピラミッドの周辺の出土品とは分けて考える必要があるのかもしれない。

ところが、現在広く受け入れられている考古学に従うと、10万人の人間がそれをわずか20年でやってのけたことになっている。クフ王の墓であるという根拠はピラミッド内でみつかった落書きのような文字(クフと読めるらしい)とクフの像が近くから出土したこと、ギリシャのヘロドトスの記述に依っている。

さて公開中の「ピラミッドの嘘」というドキュメンタリー映画を渋谷TOEIで先週の火曜に観てきた。トンデモ説に乗っかったいい加減な作りかと誤解していたが、きちんと検証を積み重ねる姿勢に好感が持てた。いかに大ピラミッッドが精緻にできているか、当時の技術水準では建設は不可能ではないかという建築家や技術者の証言と「あれはクフ王の墳墓である」いう従来までの説にしがみついている考古学者のコメントの対比が面白かった。

どうせ知っていることが多いだろうと高を括って出かけたのだが(大のピラミッド好き)、改めて大ピラミッドの幾何学的な構造に隠されている数学的な意味の多さに圧倒される。ピラミッドを作った人々が、円周率や黄金比を知っており(これは以前からある主張)、映画で主張しているように「光の速度」も知っていたとすると、ピラミッドの作り手は、エジプト人ではなく、別の高度な文明を築いた別の人々を想定しなくてはならなくなる。おそらくそれは1万年より前のことになるだろう。

ボーヴァルが主張しているオリオンを中心とした天空の星を地上に写し取るのが、3大ピラミッドを含む壮大な建築物の目的だったという説やロバート・ショックが主張するようにスフィンクスは雨によって浸食されており、古代気象学からその建設が紀元前9千年より前だったのではないかという説などには、まったく触れられていなかった。その独自路線も好感がもてた。

大ピラミッドがクフ王の墳墓として作られたという定説が完全に覆るのにはそう時間がかからないかもしれないな。

| 未分類 | 14:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#361 レーズンパンのバタートースト

トーストバター


少しだけ残っていた野菜を組み合わせて、いいかげんに作ったサラダのドレッシングの評判がいいので(n=1)、わすれないうちにかいておこう。といっても、写真を撮り忘れたので写真はない。玉ねぎのすり下ろしをスプーン一杯(いい加減)、おなじく塩麹スプーン一杯、リンゴ酢大さじ2杯、玉ねぎの辛みがきつかったので、みりんをちょっとだけたらす。これに残っていたらっきょうの甘酢漬け(大)を2個刻んで混ぜ、アスパラとセロリのささがき、アボカドをさいの目にしたものにかけて和える。ベビーリーフをふんわりのせて食べた。

これで2ヶ月前に買った塩麹の小瓶は使い切ってしまった。らっきょうは、そのままでもおいしいけれど、刻んで薬味にしたり、ドレッシングなんかに使うとなかなかよい。保存を前提とした食べ物は、どうしても味が濃いので、刻んで調味料的に使うとおいしくなる。最近のマイブームはらっきょうと塩麹である。塩麹は、先日温泉にご一緒したU野、I上ご夫婦の一押しの調味料。優しい塩味なのでとっても使い勝手がよい。

写真は、一時毎週のように買っていた伊勢丹系のスーパーのパンコーナーで売っているラムに漬けたレーズンを練り込んだパン。これを軽く炙って、カスピスバター(シナモン味)を不健康なくらい厚く塗る。これは、ウマイ。一時やみつき状態だったが、最近ようやくやめることができた。意志が弱いので、タバコなぞ吸い始めたら、ぜったいやめられないタイプ。でも塩豆だいふくは生まれたときから依存症のような気がする。餡子中毒の気はあるな。

| 未分類 | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#360 ニンニクピラフ

にんにくぴらふ


ふと自分を変えようと思う。

変えよう、いますぐ自分を変えよう、そうすれば、隘路に迷い込んだ自分をきっと変えられる。

自分を変えるために普段のなにげない習慣を変える、そこから始めよう。

毎日乗る電車。いつものホーム決まった場所に立ち、電車を待つ。どうして、ここから毎日電車に乗るのだろう。ここから乗る必要はなにもないはずなのに。毎日、ホームのこの場所に立って、正面に見える看板の広告を見ながら電車を待つ。

「ローズマリー肛門科胃腸科クリニック」の看板だ。なぜローズマリーなのか、なぜ肛門科なのか、なぜこの広告を見つめながら、毎日電車を待つのか?

ここから変わらなければ、いつまでも自分は変えられない。ローズマリーが悪いわけではない。肛門科だってウエルカムだ。でもこれを変えなきゃ。自分が変わらない。

意を決して、ホームを歩く。

ホームの立ち食いそばやの前に立つ。そう。ここだ。ここが今日から自分の場所だ。「店長おすすめ、海鮮かき揚げそば、460円」の看板を見ながら電車を待とう。

なんだか新しい自分になれた気がした。

| 未分類 | 22:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#359 ピーマンのじゃこのせサラダ

ピーマンのじゃこのせ


隊長がときどきミョウガのじゃこサラダをつくる。

ミョウガの千切りにじゃこをたっぷり載せて、オリーブオイルをかけ回しただけのサラダである。どうも居酒屋での料理をパクったらしい。

これがうまい。

塩分をふくんだ旨みの塊であるじゃことミョウガの組み合わせが抜群。かけ回したオリーブオイルのコクが全体をまとめているというところか。じゃこを多めにかけるのがうまさの秘訣。

そこでパクった料理をもういちどパクって、ミョウガのかわりにピーマンにじゃこと黒胡椒をかけただけのサラダをつくってみた。

「模倣の模倣は、すでに模倣を超えている」といったのは、ミシェル・フーコーだが(ウソ)、今回は「ピーマンは生がうまい」という母の言葉に忠実に従ってみた。

親孝行な息子なのである。



| 未分類 | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#358 ねぎの塩麹がけ

やきねぎ塩麹


ねぎが好き。

玉ねぎも長ねぎもうまい。神社にいる禰宜も職業としてちょっとしたあこがれである。

さて、長ねぎの太めのものを用意する。15センチくらいに切って、洗わずにそのまま餅焼き網の上でよく焼く。

真っ黒に焦げた皮を一枚剥いて、食べやすいように切り、塩麹をたらりとかける。

焼いたねぎはねっとり甘い。塩麹がねぎをさらに甘くする。

うほほーい、うまい、うまい、うまい、うまい。

しばし部屋中を駆け回る。



あほか。




| 未分類 | 21:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#357 お餅トマトソース

おもちトマトソース


トマトソースは、ニンニクをオリーブオイルで炒め、缶詰のトマトを潰してお酒か白ワイン、ホタテスープの顆粒かホタテのほぐし身をいれて、30分煮つめる。

塩と胡椒で味を決めて、さいごに生クリームをたらす。それも豆乳からつくったクリームを入れることが多い。

使い残しはフリーザーにストックしておく。でもうっかり忘れることもある。

で、冷凍庫の底から2ヶ月以上前にストックしたトマトソースがでてきた。

正月のお餅の残り。

お餅を電子レンジで解凍して、トマトソースで煮る。

評判よしよし。ついでに ...

荒川良良。




| 未分類 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#356 う巻き

う巻き


お歳暮が届いた。

といっても最近のことではない。昨年の年の瀬である。モノでなく、カタログから選べるというもの。いわゆる「選べるギフト」である。

昨年は受験生の甥宛に牛肉を指定して送っちゃったのだが、そうそう若いモンを甘やかすのもよくないのではないか、という教育的見地からの意見もあり、今年は若くないモンでいただくことにした。

で、注文したのはうなぎである。

5串入っていたので、お休みの日に朝からうな丼を食べたり(贅沢感アリ!)、白焼きに下し生姜をたっぷり載せて、日本酒でいっぱいやったり、さんざんうなぎを堪能した。

最後は「う巻き」。大好物である。

ところがいつもとちがう高級食材の「うなぎ様」の参加。小心者なので、いつもはうまく巻けるはずの厚焼き卵が上手に巻けない。

結果、うなぎが厚焼き卵焼きの周辺部に寄ってしまうという不本意なできあがりとなった。

| さかな料理♪ | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#355 カレー鴨南蛮うどん

鴨南蛮


なんだか、冷える夜は温まるものを簡単につくりたいもんじゃ。

おお、だいぶ前に買った長ねぎがそろそろアブないな。レンコンの残りもなんだか水分がなくなって元気がないぞ。

冷凍室には冷凍うどん。冷蔵庫にはスモークの合鴨が半分あるし、戸袋にはカレールーがひとかけ残っている。

そんなわけで、レンコンと長ねぎをフライパンで焼き目をつけてあと、日本酒をいれて、ちょっと蒸してレンコンに火を通す。お湯を加え、カレールーを放り込んで、麺つゆどぼぼと加え、湯切りしたうどんを移した丼にそそぐ。

スモーク合鴨の切り身を載せたのだが、具が多すぎて、どちらかというと、合鴨の切り身が垂直に近く立っている。

茶柱が立つのとはわけがちがうが、なんか縁起がよさそうな、寒い夜なのだった。




| イケ麺類♪ | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#354 お餅のカブのみぞれ煮

おもちのカブのしぐれ煮


お餅がまだ残っているので、新しい食べ方を試してみる。

このあいだのブリしゃぶで使ったカブのだし汁がうまかったので、そのままお餅に応用する。

今回は、昆布を使って出汁を丁寧にとらず、昆布の粉末をふり、麺つゆ、日本酒を加えて速攻でだし汁をつくる。そこにカブを擦り下ろす。

で、焼いた餅を投入してできあがり。

白髪葱を載せていただく。

さっぱりしておいしー。

| 未分類 | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

#353 海老芋ペースト大盛りバゲット

海老芋のペーストのバゲット


今日は、連休の中日。

3連休もあと明日1日と、考えるか、まだ今日も含めて2日もあると考えるか。後者のほうが気分がいいに決まっているのだが、もう少し休みたいとつい考えてしまう。昨年末にひいた風邪が尾を引いていて完治までいかず、テンションが低いのもその理由。

というわけでここは景気付けに、海老芋のペーストをてんこ盛りでバゲットにのせてみた。

海老芋は里芋の一種だが、高級芋だけあって、お正月シーズンはちょっと高かった。お正月があけて、安い小ぶりの海老芋がスーパーの店頭に並んでいたので買ったものだ。

海老芋を蒸して、マッシュする。オリーブ、冷凍小エビ、オリーブオイル、リンゴ酢、黒胡椒、乾燥パセリをふって、カリッと焼いたバゲットに載せる。

子ども用には、マヨネーズをかけて、表面をもういちど焼き上げるのもいいかも。

じゃが拙者、子どもではござらんので、このままいただくでござる。

ねっとりした海老芋とバゲット。

「あいます、あいます」

最後はちょっと坂上二郎調。



| 未分類 | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。